Perfume to 私 と BABYMETAL

PerfumeとBABYMETALのレフトなファンの戯言

01« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.»03
 

BACH ゴルトベルク変奏曲より アリアBWV988 

昨日、キアヌ・リーブス主演の「地球が静止する日」のTV放映を観た。

そこで、この映画の一番良いシーンを堪能した

ヘレンと宇宙人クラトゥが、ノーベル物理学者?バーンハート教授の家を訪れたシーンだ

黒板にびっしりと書かれた、バーンハート教授の数式を見て

「うん、惜しいな。」といってクラトゥが数式の一部を消す

そして、教授との数式だけでの会話

その後ろで「BACH」が静かに流れている

数式が完成した時、教授は言う

「そんなことが…可能なのか!?」

そこで、後ろに流れていた曲が第一変奏に入る…

クラトゥの表情が変わる

「ん?」

ヘレンは答える

「バッハよ…」

きたぁああああ!! くぅうううーーー!

凄い良いシーンだ

愚かしい野蛮だと評価を下した人間の中にも

宇宙の真理に近づこうとしている者もいることを実感する


でね。このシーン良かったよねぇ〜って息子に話したら

あれ? アニメ版「時をかける少女」にも効果的に使われていたよ

でね。

それで、見返したんですよ。「時をかける少女」を

なんと、「ゴルトベルク変奏曲」が巧く使われているのだった

映画「ハンニバル」にも使われていたのですが…

「時をかける少女」と「地球が静止する日」の使い方は

この変奏曲を本当に巧く使っています

息子の話によると、グレン・グールド演奏の「ゴルトベルク変奏曲」データーが

今もボイジャーにのって宇宙を旅しているみたいですね
スポンサーサイト

カテゴリ: SF映画を創らないのか

[edit]

Posted on 2013/01/19 Sat. 22:08    TB: 0    CM: 0

今さらですが、SPACE BATTLESHIP ヤマトを観ました 

yamato.jpg
 
森雪役が、かしゆか じゃなかったので、劇場には観に行きませんでしたが(-。-;)

DVDレンタルで観ました。はい。

いろいろ酷評があがっていましたが、私は山崎貴監督の大ファンなので救援活動をしたいと思います(^o^)

なんといっても、コスモ0とブラックタイガーのデザインが良かった。

そして、アナライザーのデザインもね。 

このデザインが良かったので、リアルタイム「宇宙戦艦ヤマトTV」版のフリークだった私は脳内補完しながら観賞できましたよ。

島大介の緒形直人も、徳川彦左衛門の西田敏行も、真田志郎の室井慎次も良かった。

なにより相原役のマイコさんが良かった。彼女が森雪だったらもっと良かった(かしゆかだったら完璧)。

まぁ、いろんな制約があったんでしょうね。

それでも山崎貴監督は日本映画にしては珍しい、美しい宇宙を表現してくださいました。

(コスモ0の自由落下のシーンが良かったですね~)

カテゴリ: SF映画を創らないのか

[edit]

Posted on 2011/07/28 Thu. 20:05    TB: 0    CM: 0

時をかける少女 



仲里依紗さん主演の「時をかける少女」 を観ました…

アニメ版「時をかける少女」は面白かったですよね~


原田知世さん版「時をかける少女」は、私の苦手な大林宣彦監督作品だったし、ストーリーが私の好みではなかった…

で、なぜか、仲里依紗「時をかける少女」はアニメ版、もしくは大林宣彦版と関連が深いと思って見逃したのだった…

だが!



なんということだ!
これって、NHKの「タイムトラベラー」の続編ではないか! それも、思春期の頃の「タイムトラベラー」一作目の…

あの、何ともいえないタイムトラベラー最終回での想いを解決してくれる…素晴らしいストーリーだった。

つまり、四十年経って、思春期の想いがついに遂げられたような作品なのだ。

タイムトラベラーで芳山和子を演じていた島田淳子さんに、そっくりな(あくまでも雰囲気が)石橋杏奈さんがいい味を出している。

img_1579659_50980188_1.jpg
ken_kaz4m.jpg



もーね、中学校の理科室の深町一夫(ケン・ソゴル)とのシーンだけでも号泣ですよ おじさんは…

でね、もう50歳を過ぎた芳山和子を安田成美さんが演じたのも良い
(原田知世さんのほうが、観客動員的にはいいのでしょうが、それだと大林版との関わりが深くなっちゃう)

この映画、タイムトラベラーを観ていない人が、大林宣彦版の続編ととらえて評論しているのが多いのだが…
少し残念です(まぁ、映像が残っていないからしかたないけど)
1972年というのがキーワードなんだよね~

「記憶は忘れても…約束は心が覚えている…」 くーーー! きたぁーー!

おんなじ中学生だった自分が…タイムリープしたような作品です。

カテゴリ: SF映画を創らないのか

[edit]

Posted on 2011/05/28 Sat. 15:20    TB: 0    CM: 4

ブレードランナー ディレクターズカット 

ロボトリアさんの記事を読んだ 方で

Perfumeは電気羊駱駝の夢をみるか? という言葉に反応できる方のみ限定記事です

-- 続きを読む --

カテゴリ: SF映画を創らないのか

[edit]

Posted on 2011/01/09 Sun. 11:51    TB: 0    CM: 6

プロフィール

カテゴリ

最新記事

最新コメント

検索フォーム

訪問者数

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック

RSSリンクの表示

QRコード