Perfume to 私 と BABYMETAL

PerfumeとBABYMETALのレフトなファンの戯言

02« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»03
 

ぼくの音楽遍歴 

ぼくは、かなりかたよった音楽が好きであります

たとえば、NOVELA (本当は山水館)が とっても好きだったんです

だから、聖飢魔IIには決して嵌りませんでした。

(今回の記事はかなり偏屈なので注意してください)

何より、KISSはデビュー当時からファンだったです

万博ホールでリハーサル中の四人の素顔を盗み見て、マネージャーに追いかけられたことがあります。
(あの当時のKISSは素顔がシークレットシークレットでした)

もちろんミーハーだったので中学生の頃からQUEENのファンでもありました。

The Beatlesに関しては本当にレコードが磨り減るまで聴いて、何枚も買い換えました。

一番最初に好きになったのはイエローサブマリン 

つまり…ぼくは、傾奇者が好きだったんです

だから聖飢魔IIのドラマーのモヒカンがカツラだったことが許せなかった…
(聖飢魔IIファンの皆さん許してください。当時のぼくは反抗期だったのです。)

The Beatlesのアルバムの中で一番好きなのはSgt. Pepper's Lonely Hearts Club Bandです

それくらい傾奇者が好きだったのです


「ぼくの好きな先生」より「2時間35分」が好きなRCサクセションファンであり。

「スローバラード」よりは、「雨上がりの夜空に」か「トランジスタラジオ」が好きな健全な青少年だった。

だから、窓ガラスを叩き割ったことがない好青年が「俺って尾崎豊に共感するんだよね~」って言っていると。

タクシードライバーだった頃の早朝に中島みゆきの「ファイト!」を聴いて、路肩に停車して号泣した話を、何度も繰り返し耳元で話してしまいたい衝動にかられる(っていうか話します)

小学生の高学年から中学生の頃はピンクフロイドのAtom Heart Mother(原子心母)を聴きまくり

Yesは危機からロンリーハートにかけてはリリース日に店まで買いに行ったくらい好きだった。

キング・クリムゾンの良さは、あんまり理解できないアタマの悪い少年だったなり。

そして、パジャマ姿で演奏していたサザンオールスターズの人気が勝手にシンドバッドしていた頃には

BowwowやCharが好きだったから、頭脳警察はそれほどしらなかったのに「日本のロックはもっと尖っている!」とほざいていたものだった。

そして、憂歌団がパジャマで演奏していたことを偉そうに吹聴していた。

ライブは、エアロスミスやスコーピオンズのライブがとってもお面白くて…

リッチー率いるRAINBOWのライブをそれらに比較して、ちょっと残念な思いをしたこともある(当社比です)

おニャン子クラブよりも河合奈保子が好きだったし…

なんといっても13歳の時にアグネス・チャンのアルバムFLOWER CONCERTからバッドフィンガーや

ジョニ・ミッチェルの曲を聴くようになり


なによりYou're 21,I'm 16 というアグネスの曲で フォークソングの素晴らしさに傾倒したのだった

それからは、バグルスを聴いたあとに友部正人を聴いたり

ドゥービー・ブラザーズを聴いたあとに 谷山浩子を聴いたりする

ジャクソン・ブラウンを聴いたあとに ジャニス・ジョップリン(あれ?普通か?)



アレサ・フランクリンを聴いていて、美空ひばりのベストアルバムを購入したり

よーするに 


なんのポリシーも なんも考えることができない

偏った音楽ファンなんです

だけど

だけど…


JPNの良さはわかると思うのだ
スポンサーサイト

カテゴリ: 音楽遍歴

[edit]

Posted on 2011/12/10 Sat. 20:20    TB: 0    CM: 4

プロフィール

カテゴリ

最新記事

最新コメント

検索フォーム

訪問者数

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック

RSSリンクの表示

QRコード