Perfume to 私 と BABYMETAL

PerfumeとBABYMETALのレフトなファンの戯言

07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09
 

夜の連続妄想web小説 『たう』『第2話 井の中の蛙大海を知らず』 #BABYMETAL 



(この物語は妄想です 実在の団体名 個人名などが出てきますが、脳内補正して読んでいただきたいと思います)



「なに?ソニスフェア?そんなもの出たって紅白歌合戦出場の10分の1も宣伝効果ないよ。」

「どうせ、頑張ってサブステージでしょ。それなら日本人バンドは何度か出ているし…。」

「いくら払ったか知らないけど…日本の恥を晒しに行くなよ。」

「英国のロックフェスを舐めてるよ。小便入りのペットボトルの雨になるぜ。」


ステージの袖からチラッと見える会場の様子だと六万人以上入場できる会場は、もあの言ったとおりに疎らに見えた。
しかし歓声がすごい。
なんと言っているかわからない。
もしかしたら怒っている声かもしれない。
逃げ出したい。そう言う思いが脳裏をかすめた。
MOAは足をジタバタさせていた。
SU-が頭に手を置いた。
「大丈夫。ここはまず第一歩。私たちの全力を見せれば良い。」
微笑みながら優しい声でそう言った。
SU-の目は舞台を睨みつけていた。
「ねぇ、YUIちゃん。なんかイヤモニの調子が…」
YUIの顔つきもクールだった。
「MOAちゃん。ありがとうね。」
日本武道館でのお礼をこんなところで口にした。
MOAは意味がわからず、とりあえず元気に頷いた。
リハの時間はほとんどなかった。
持ち時間が少ないので曲間をできるだけ短くしようとKOBAが言った。
ナレーションが流れ始めた。
紙芝居はどう伝わるだろう。
考えても無駄だ。
神バンドのメンバーが気合入れをして舞台に上がっていった。
歓声のようなものが聞こえる。
とりあえず出ていった時に下手から一人ずつの顔をしっかり見て笑顔を送ろう。
あ!ダメだ。一曲目はフードを被って俯いてカッコつけて登場だった。
血液が沸騰しそうだった。
大丈夫だよとSU-が背中をポンと叩いた。
ねぇ、あれやらない。
SU-が左手を差し出した。
YUIがその甲の上に小さな手を重ねた。
MOAも急いで重ねるとSU-がさら右手を重ねた。
そうだ。私たちの重音部が所属する学院のやり方だ。
さくらの仲間たちの声が聞こえた気がした
緊張はやがて興奮に変わっていった。20151129164248.jpg


スポンサーサイト

カテゴリ: BABYMETAL

[edit]

Posted on 2017/05/23 Tue. 21:35    TB: 0    CM: 0

夜の連続web小説 『たう』 第1話 『 奇跡は起きたのではなく、起こしたのだった。』 #BABYMETAL 


(この物語は妄想です 実在の団体名 個人名などが出てきますが、
脳内補正して読んでいただきたいと思います)


エンジニア(イングランド36歳)
「ああ、ライブを観た後すぐに調べたよ。まだアルバムを一枚しか出していないんだってね。iTunesで購入したけど、直ぐにCDも注文したさ。届くのを楽しみにしているよ。」

機械工(ウエルズ47歳)
「正直に言うけど、俺は小便入りのペットボトルを用意していたんだ。俺のメタルを少しでも侮辱したら投げつけてやろうとね。だが、興奮して喉が渇いてそのペッドボトルを飲んじまいそうになったんだ。ああ、メタルだったよ。本物のね。俺が16歳で初めてメタルバンドを聴いた衝撃よりも興奮したよ。あの子達を馬鹿にする奴がいたら俺が殴ってやる。」

医者(アイルランド65歳)
「私の父親はオーストラリアで日本軍の捕虜だったんだ。絶対に日本のバンドなんて認めるつもりはなかった。奴らは何だって真似をする。ってそんな気持ちは吹っ飛んだんだよ。関係ないよ。音楽だけだよ。素晴らしかった。孫娘のような女の子がすべての偏見を取り払ってくれたよ。」

誰もがニコニコしていた。最初は腕を組んで眺めていた連中も興奮した。もっと彼女たちの音楽を聴きたくなっていた。

-------------------------------------------------------------------------------------
その1時間前 控室にて


「ねぇ、すうちゃん。いま、観客席をちょっと覗いてきたんだけど…それほどお客さんいなかったよ。」
巻き毛を揺らしながら飛び込んできた少女は大声でそう伝えた。
椅子に座って少し首を傾げて目を瞑っているポニーテールの彼女は黙っていた。
「…」
端正な横顔は女神のように美しかった。
「だめだよ起きちゃうよ。」
テーブルの上におかれたお菓子とにらめっこをしていた少女が、赤ちゃんのような笑顔でそう言った。
ウエーブのかかったツインテールが揺れた。
「え、だってもうすぐ前のバンドが終わっちゃうよ。」
「大丈夫。大きな舞台になればなるほど、すぅちゃんは眠るって彩未ちゃんが言っていたよ。」
「へぇ〜。ってそれよりも、ゆいちゃん!お客さん少なかったよ。」
「そうよね。何で急にメインステージにしたんだろう。」
ゆいは言葉ではそう答えながらも興味は、机の上のケーキに戻っていた。
そこに場ミリのテープを持ってコバが入ってきた。
「ねぇ!お父さん!お客さん疎らだよ!」
お父さんと呼ばれた彼はこのグループのプロデューサーと呼ばれている。
若い頃からこの地に憧れていた。この三人の少女たちが自分の夢を叶えてくれたことに 興奮して、フェスの開場前に場ミリを貼るのを忘れていたくらいだ。
「え?あれが疎らに見えるって?」喉まで出かかったその言葉を呑み込んだ。
この子はプロだ。この稼業で百戦錬磨の自分でも感心するほどのストイックさを持っている。
ふだんはふざけてバカなことばかりしているが、それは仲間を和ませるため。
それがわからずに一度、叱ったことがあった。
武道館でのリハ中にふざけていたのだ。
大事な舞台を前に緊張感が足りないと叱ったのだ。
彼女はエクボを浮かべたまま悔しそうに「すみません」と深く頭を下げた。
その時、すぅとゆいが怒りを浮かべて食ってかかってきた。
「もあちゃんがただふざけていると思うんですか!」
普段はヘラヘラしている中元とは違った。
水野も怒りで拳を握りしめていた。
すると最愛はこう叫んだ「なぁああんちゃって!みんな騙された〜!」
そう言った彼女の目には涙が溜まっていた。
そんな彼女だからこそ、アイドの最高峰である日本武道館でのあの事件での頑張りを見せた。
彼女がいたから、ゆいだって腰の痛みを隠し通すことができたのだろう。
いくつものミスが彼女のカバーで回避できた。
そう、彼女の笑顔がこのグループが突き進んでいる逆境の茨の道を歩む原動力なのだ。

「お父さん、なに暗い顔しているの!大丈夫!もあの笑顔でお客さんを集めてみせるから!」
エクボを人差し指で突きながら、もあはコバにそう言った。
どういうことだ。ここを満員にするっているのか?。ここがどこだかわかっているのか?
あ…わかるはずないか。
彼女にとってのこの場所は、東京アイドルフェスティバルの会場と変わらないのだろう。

前のバンドが最後の曲を終えた。
その瞬間、すぅは目を覚ました。
「みんな、いい?。行くよ!」
ゆいは手を伸ばそうとしていたお菓子を諦めた。
「うん。いいよ。」
ゆいの顔も戦闘モードに入っていた。
もあは相変わらずヘラヘラしながら大きな声で言った。
「さぁ〜て。イギリスの男の子たちをメロメロにしちゃうぞ。」

楽屋の隅で、彼女たちの会話を聞いていたベースのBOHは震えていた指が止まったのを感じた。
「そうだな。俺たちは彼女たちのサポートだ。]
視線を上げると女性に見える小柄な先輩が笑っていた。
「なんか、すげーな。」
彼はそう言いながらギターを抱えた。
「足を引っ張ってはいけない。だって俺たちは神なんだ!」
振り返るともう1人のギターの神もドラムの神も立ち上がっていた。

「行くよ!」全員にそう言って颯爽と歩き出したすぅは、間違ってトイレのドアを開けた。

sonisphere_bm007.jpg


つづく

カテゴリ: BABYMETAL

[edit]

Posted on 2017/05/22 Mon. 19:48    TB: 0    CM: 0

BABYMETAL SU−METALの畏怖さえ感じてしまう凄さ 

BABYMETALのファンクラブ的な会員(THE ONE)限定の東京ドームライブDVD(Blu-ray)が4/1に発売された。

最近のライブDVD(Blu-ray){←面倒くさい}では音程の修正は当たり前で後からギター音を足したりするのが普通になってきているそうだ

東京ドームのライブDVD の音質は良く修正をした!というよりは調整が無茶苦茶良い

北海道から観に行った体験しに行ったのだが凄いなんてものではなかった。

何が凄いって あの悪名高き東京ドームの残響やディレイを利用した歌い方を 若干18歳の美少女がやっていたのだ。

もちろんヘビーメタルの爆音を背にしながら「もっと音量上げんかい!こらぁああ!」って感じだったのだ。

もちろん場所によっては音が良くないところもあったでしょう。
最上階あたりの音のズレもあったことでしょう。

ですから私の場所での感想ですが
(周りの席の人からは地蔵と思われたかもしれない しかし 聴き入っちゃったのだ。こんなにも美しい音を一音だって逃したくなかったのだ。)

CD音源なんかより 迫力があり 美しく そして伝わるのだ。

ええ 泣きましたとも。

この歳になるまで さまざまなライブを観に行った。
しかし…別格だった。

「おい、こいつ残響や反響やディレイを利用してるぜ!」って思ったのだ。

BABYMETALの場合 ルックスもいいし ダンスも魅力的だし コールアンドレスポンスも楽しい ずーーーとモッシュシュしていたりビガーサークルするのが楽しい!と、ほとんどずーっと暴れているだけの人もいるだろう。

で、自宅の高画質大画面で3人の可愛さにうっとりするのもわかる。

しかし、それだけではもったいない。

ぜひ、高音質のアンプとスピーカー あるいは高性能ヘッドホンで目をつぶって聴いて欲しい。

化物と言ってしまいたいほどの ものすごいボーカリストに気が付くと思う

東京ドームでは良い音が聴けなかった方
これは修正ではない 
ホントはこのDVD音質よりももっと凄かったんですよ
ぜひ、ご自身の体験から悪い音響をこのDVDで上書きして脳内補完されてください。

大切なことなのでもう一度書きます
東京ドームを体験されていない方にも言います。

「ライブ会場では 彼女は 畏怖の念を抱いてしまうほどのスゲー歌唱をしていたんだ」




カテゴリ: BABYMETAL

[edit]

Posted on 2017/04/03 Mon. 15:29    TB: 0    CM: 0

BABYMETAL 影(真)の策略家    についての駄文 


コアなBABYMETALファンの方なら この記事のタイトルだけでピンときたはずです。

そう あの方のことです

「私たちMETALのことを全く知らなくて…」
「お母さんと重い物を持ってやる音楽だと…」

無邪気で可愛らしい表情に騙されてはいけない



一説によると彼女の親はアースシェーカーのファンでこの曲から 愛娘を名付けたと言われている

このバンドを知っていながらHeavy Metalを知らないわけがないだろう

今回のMETALLICA 8年ぶりの新作news_xlarge_metallica_jkt.jpg
Hardwired...To Self-Destruct

発売祝福メッセージでも

MOAMETAL(Scream, Dance)
メタリカさん、8年ぶりのアルバムリリース本当におめでとうございます。メタリカさんは私たちにとって、今までもこれからも、永遠にメタルマスターで本当にかっこいいです。メタリカさんのお陰でメタルという世界が好きになりました。出会えた事に感謝して

タイトルの「…」の部分をしっかりと引用している 

アイドルが好きで飛び込んだ世界で自己破壊をしてでもMETALの世界を好きにさせてもらった。
Self-Destruct 「自己破壊」 を表現している


BABYMETALが結成された時
中元すず香が「なんか変な感じの曲」と感想を漏らした時
「なんか楽しい!」という彼女の一言でSU−METALが「なんじゃぁこりゃぁ〜」と楽しむようになった。

さくら学院卒業の 中元すず香 を「SU-ちゃんの世界が待っている」 と送り出したのも
「すぅちゃん!卒業しないで!」と懇願したのも彼女である

そう「部活動は卒業とともに解散される」という 鉄の掟 も彼女の一言で破れたのだ
(そろそろ、読んでいてこれ書いているやつキモいって思い始めているでしょ?)

さくら学院のオーディション映像

武藤彩未に憧れていた水野由結とこの曲を選んだ時 なぜかオリジナルの可憐Girl's 3人ではなく2人でやっている
この時、彼女としてはすでにセンターに立つ人物を選び終わっていたからである。
ステージでの立ち位置さえもこの時点で決めてある
水野由結は自分にはないダンススキルと可愛さを持っている
彼女を新プロジェクトに引き込むことが出来たら、成功は間違いなしである。
そう確信した彼女は身長をコントロールしながらも水野由結とライバルであり親友であるという関係を保ち続ける

不器用でMCなんか任せられない中元すず香のかわりに自分がインタビューの受け答えやMCをしなければいけないとプロデューサーの立場ではなくメンバーになって影でKOBAMETALを操るという策略なのである 

実際、KOBAMETALはキツネ様の言葉を伝えているだけである
「行き当たりばったりでやっている」と小林氏は言うが
彼に行き当たりばったりと感じさせながらも導いている彼女の手腕は素晴らしい


このPVでのギタープレイの当て振りを観て、多くのファンがYUI MOAに当て振りでいいからギターを持たせてはと提案していたが

有能な彼女にとってはそんなことは計算済みであった。

ただのスタジオミュージシャンではなく、講師として優秀なギタリストを神バンドとして招集したのだ。
シンガーとして天才的なSU- 天性のダンスセンスを持つYUI そしてギタリストとしての自分


MIKIKO先生ことMIKIKOMETALを召喚したのも振付師としての経験豊かな彼女であろう。


さくら学院卒業の時にBABYMETALを存続するかどうか 彼女がキーマンであったことは間違いない
しかしそれさえもSU-METALこと中元すず香をプロデュースしてきた責任者としての覚悟
つまり本当に世界戦略が成功するかどうかを検討したのであろう
その結果は 説明するまでもないでしょう



舞台演出のすべてを把握し SU-METAL YUIMETALのトラブルやミスに対応している 彼女こそキツネ様の正体である


カテゴリ: BABYMETAL

[edit]

Posted on 2016/11/19 Sat. 09:58    TB: 0    CM: 0

BABYMETAL 赤い夜 黒い夜 リターンズ 小神降臨のお話 

まぁーそれにしても物凄いライブを体験させていただいた

今回は幸運にもアリーナのかなり音響の良い席で体験できたので 今後の人生が不安になるくらいです

「赤い夜」と「黒い夜」は同じ舞台装置だっただけで 全く違うライブだった

違うバンドのライブだと言ってもいい

ギタリスト一人が変わるだけで ここまで違うのか!

そりゃあ楽曲が全くかぶらないという馬鹿みたいにカッケーセットリストだったことももちろんあるだろうが

赤い夜での神バンドは 誤解を恐れずに書きますが

超バカテクプログレッシブロックバンドの「 yes 」かと思っちゃった

なに? このテクニック? なにこの構成力… 

小神こと美人ギタリストは5万5千人を完全に酔わせていた

すぅさんのボーカルとのシンクロ率はすごかった!

こんなに小柄でいながら 頭がパーマでいながら ピーター・クリスみたいでありながら…

超絶演奏力と 表現力  なんか… Blu-rayを出すなら 彼の定点アングルが欲しいくらい

かっけーかった

もちろん 世界での修行によりベースの超絶進化も

大神こと超美人の顔とギターパフォーマンスも  神バンドのアイデンティティとして すげーすげーの連呼だった

でも 赤い夜の 小神さんのギターは バカみたいに凄かった かっけーよ あんた かっけーよ

雪の中でフォークソング歌っていたなんて信じられないよ

ってくらいでした

でね

BABYMETALの三人を見ていなかったわけではない

だが 赤い夜では小神さんに惹きつけられたんだ

カテゴリ: BABYMETAL

[edit]

Posted on 2016/09/21 Wed. 19:09    TB: 0    CM: 0

BABYMETALの人気の秘密をファンのおっさんが分析してみる その2 

アンチBABYMETALのネガティブキャンペーンのひとつに 「ベビメタのファンはキモい!」 っていうのがある

BABYMETALほど貶しやすいスタイルはないだろう

まず 日本ではメタルっていうだけで 「ヘビメタ」とバカにされるジャンルである

YUIとMOAの容姿が幼すぎることから「ロリコン」と罵しることも簡単だ

骨さんバンド(BABYBORN)の時にはバンドが当て振りだってことで叩かれたりもした

さらに歌詞についても…

だが

これだけのハンデを背負いながら(^_^) 現在の世界的なブレイクだ


LEGEND I のDVDがお手元にある方は再度観直してもらいたい

神バンドの存在なしに 完璧な世界観を作り上げている

前回も書いた 世界観 とは…

O-EASTが武道館に負けない熱量を爆発させている

(ぜひ鹿鳴館のDVDも出して欲しい)

まだ METALの鱗衣装 でないSU-METALの原石としての輝きが眩しい

ここから磨き上げられていくのだ

YUIとMOAの煽りと動きもこの時点で完成している

そこからさらに変態してくのだから驚きしかない

世界的METALQUEENとなってからのBABYMETALファンも

LEGEND I の世界に驚愕するだろう

ここから 進化というか 神化してきたのがBABYMETALの凄さなのだ

会場のファンはなぜここまで熱狂したのか

なぜアウエイと言われるフェスの会場で 熱狂を生むのか

それは圧倒的な世界観に巻き込まれるから

演奏不可能な楽曲をBABYBORNによって提示しながら

神バンドの降臨を待っていた時期のLIVE

ひとつの手抜きもないのだ

三人のダンスの本気度が熱狂を生むのだ

紙芝居の絶妙なユーモアーが 世界を広げていくのだ

そこには その数年後に披露される新曲の伏線がある

まるで 世界の頂点に立つ日までのシナリオが キツネ様によってつくられていたかのように…

カテゴリ: BABYMETAL

[edit]

Posted on 2016/05/29 Sun. 06:19    TB: 0    CM: 0

BABYMETALの人気の秘密をファンのおっさんが分析してみる 

BABYMETALは分析するものではない! BABYMETALは感じるものだぁああ! とツイートしまくっていますが…

あまりにも文句ばっかり言っていても何なんで… 自分なりに

BABYMETAL というものを分析してみることにした

 BABYMETALはどうして(海外で)人気が出たのか っていうのは 答えが出ている

『むちゃくちゃに実力のある連中が新しい表現方法でむちゃくちゃ楽しいLIVEをやっているから…』



順番から言えば SU-METALの存在から語りたいのだが 一番最後にする

まずは よくある 神バンドの実力 が魅力 って話

BABYMETALを語る時に誤解している人が多いのだが 
神バンドはBABYMETALではない


o0600047313017705301.jpg

もし神バンドをBABYMETALとするなら BABYBORNの方々もBABYMETALとして語るべきだ

もちろん 神バンドは「チームBABYMETAL」の一員であることには違いない

神バンドの超絶技巧の演奏力がBABYMETALの魅力を高めていることは間違いない

海外で人気が出たのも神バンドの存在があってのことだと思う

だけど BABYMETALではない (かと言って彼らの存在意義が損なわれるわけではない)

悪魔でも(←わざとね) 神バンドはBABYMETALをサポートする存在なのである

だからこそ魅力的なのだ

神バンドのメンバーが魅力的であるのは間違いない でもそれは乱暴に表現するとBABYBORNが魅力的であることと一緒なのだ

BABYMETALの世界観を構築するのに キツネ様が召喚した神々 あるいは骨たち

BABYMETALの魅力は 世界観であるのだ

神バンドの白装束やコープスメイク そして超絶技巧のLIVE演奏(マニピュレーターの神も 照明の神も 紙芝居の神 ナレーションの女神も…)

あくまでも「BABYMETALの世界観」を構築するもの


「世界観を持っているという凄み」


これがBABYMETALの魅力なのだ

どれだけ化粧をしようがかつらを被ろうがゴテゴテの衣装を着ようが…ド派手な舞台装置や演出にカネをつぎ込もうが

世界観がブレると魅力は失われる

その点 BABYMETALはいきあたりばったりながらも 世界観を構築し拡大してきた

これはなかなか簡単なようでできないものなのだと思う

この世界観を完成させたのは 赤い夜 黒い夜 日本武道館 だったと思う

それまで 架空の世界 だったBABYMETAL(学校の部活からインディーズ活動 鹿鳴館での熱狂さえも夢だったのかもしれない)


少女たちの夢の世界(あるいはKOBAMETALの幻想)

ここでは骨さんたちだからこそ描けた世界観があった

荒唐無稽な 女神像を破壊したり 磔になったり… アイドルの楽曲をアレンジしたり

それどころか伝説の再現とか



そしてLEGENDは終わり 伝説の世界から現実の世界へ…

BABYMETALが現実世界に召喚されたのが日本武道館の二日間だった

現実世界で彼女達は新たなる世界観を必要とした

それが…おっさんらには 遥か昔に置き去りにした 夢の実現 だった

 黒い夜のラスト

召喚されたBABYMETAL

舞踊の天使  愛の天使 がヨーロッパの仏蘭西 独逸 で生誕し
(すでに復活の儀を終えていた歌の女神)

棺桶に入った(生まれ変わり)三人がROCKの聖地で 新たなる世界観を構築する

それが… 神話の始まりだった



カテゴリ: BABYMETAL

[edit]

Posted on 2016/05/25 Wed. 20:03    TB: 0    CM: 0

プロフィール

カテゴリ

最新記事

最新コメント

検索フォーム

訪問者数

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック

RSSリンクの表示

QRコード