FC2ブログ

Perfume to 私 と BABYMETAL

PerfumeとBABYMETALのレフトなファンの戯言

01« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.»03
 

ファンサービス bitter  バレンタインが近づいて… perfumeと私の出会い 

Fan Service: Bitter Normal Edition

 

Perfume 3 Fan Service: Bitter Normal Edition
Perfume


disc1
  1. エレクトロ・ワールド
  2. おいしいレシピ
  3. コンピューターシティ
  4. リニアモーターガール
  5. モノクロームエフェクト
  6. スーパージェットシューズ
  7. Perfumeメドレー
  8. パーフェクトスター・パーフェクトスタイル
  9. コンピュータードライビング
  10. スウィートドーナッツ
  11. Perfume
  12. Twinkle Snow Powdery Snow (アンコール)
  13. Wonder2 (アンコール)
perfumeFANなら絶対に手に入れるべき 至高のLIVEDVD

確かに

Perfume First Tour 『GAME』
Perfume

Perfume First Tour 『GAME』 は素晴らしい。かっちょいい! 美しい! 

そして先日放映されたNHKスーパーライブ武道館
(早く発売しなよ。徳間ちゃん。)

これらが素晴らしいのは、観たことのある人は理解できるでしょう。

しかし… あえていおう。

Perfume 3 Fan Service: Bitter Normal Edition

は至高のLIVE DVD である。

確かに、カメラワーク 編修が ぎゃんぎゃん で見づらい 

そんなもの根性があれば何とかなる というか、慣れた。

それに、このブレイク前夜の三人娘 小さいライブハウス 舞台装置はといえば…

思い通りにカメラが動かせない(ほとんど固定)なかで、最大限に魅力をひきだしてくれている。

二流監督なんかじゃござんせんぜ。関さん。

迫力を出すためには、あれくらいの編修でいいんですぜ


さて、内容。

私は不届きにも、このDVDをあるもののついでに購入した。

アイドルなんて全然興味がなかった。


しかし…

エレクトロ・ワールド

なんじゃぁ!このかっこいい曲は! アイドルDVDではないのか! めっさ!かっこいい!
2009年の今聴いても、色褪せるどころか、ますます輝きを増す曲ではないか!

しかも…なんじゃこのダンス?踊り?振り付け? 見飽きたヒップホップ系でもジャズダンスでもアイドル振り付けでもない…

なんなんだ、この三人は!

曲が終わるとすぐに観客を煽る 煽る 煽る 

どうせヲタ踊りかなんかが始まるとバカにしていたのだが(古参のみなさん、ごめんなさい。私はこの時点では若輩者で狭い世間しか見えない固定観念の塊でした。)

煽り方がROCKあるいはパンクなんだな。

そこでなんと

おいしいレシピ

このイントロ カッコいいぜ。

曲順を観ていた私は、アドルソングか!とバカにしていたのだが、なんちゅうクオリティの曲だ。

そしてこの三人がアイドルであることを再認識。

とおもいきや、曲が終わった瞬間に

コンピューターシティ


なんじゃこの流れは! ここで、完全にノックアウトされた。

こいつら只者じゃねぇ!
 
 ここまでの3曲で、いろんなものが自分の中で崩壊した。

なんかわからんけど、こいつらカッコイイ! 

 ライブが進むにつれ、アイドルってこういうものなんだ。

可愛いとか、欲望をなんとかかんとかっていうものではなく…

ずーっとどう表現していいのか分からなかった。

後に、宇多丸氏の 多幸感 とい言葉がしっくりきた。

 
 モノクロームエフェクトから、スーパージェットシューズ…

そしてperfumeメドレー


アイドルってこんな感じなんだぁ… ニヤニヤしながら観ている自分に気がついた。

 perfumeメドレーの中で 「ジェニーはご機嫌ななめ」が始まる。

正直 ジューシーフルーツはあんまり好みではなかった。

しかし、この三人が歌っている「ジェニーはご機嫌ななめ」は素晴らしい…

(この時点では、「おまじないペロリ」を知らなかった)


とここで、またしても関さんがやってくれます

ジェニーが終わった瞬間に モノクロの画面のドキュメンタリーになりますね。

美しい映像が、三人の無邪気な姿とともに流れていきます。

 それは短編映画をみているように美しい映像です。

 監督はこの三人に惚れている。愛情が感じられる映像。

時計を写すシーン 走る三人を追いかけるシーン 

この世に 美しいという言葉以上の言葉があればいいのに…

 不遇の時代と言われていたのでしょうが、そんなことは微塵も感じ取れない。

美しい美しい映像の後 

そうです

パーフェクトスター・パーフェクトスタイル
です

 その時、一緒に買ったCDなんか1回くらいしか聴いていない。

その日からperfume熱が発病した。

この3人は絶対に日本を変える。それくらいのインパクトがあった。

こんなすごい3人の存在を知らなかった今までの自分を悔やんだ。

アイドルって良いもんなんだ。

 そして、「揺れて!」

コンピュータ-ドライビング

会場が揺れる モニターの前でわたしの身体も揺れていた。

畳みかけるというのはこういうことだ。

彼女達の魅力にMCがあげられるが、このDVDでは、ほとんどMCの部分はカットされているようだ。

この楽曲にダンスに、面白MCが加わるのか… 最強じゃないか。

そして、

煽る 煽る  そして 「ありがとうございます」と頭を下げる。

へぇ~アイドルソングでものれるんだ。

スウィートドーナッツ

「いくぞーー!」

若い時に数多くのROCKコンサートに足を運んだ。

あの頃の熱い思いが蘇ってきた

Perfume


この曲を聞き終わった時、GAMEというアルバムを購入する決意は固まった。

そこから新しいperfumeワールドが始まることを、まだこの時点の私は知らなかった。

アンコールの部分になってMCがたっぷりと観ることができる。

Twinkle Snow Powdery Snow

この曲は次なるステップへの布石だったんだね。

 そう、伝説となる 例の曲 今のperfume現象のきっかけとなる 例の曲 が2月14日に発売される曲の告知がされる

 そうです…

そして字幕とともに

Wonder2


先ほど、短編映画といった。 そう、短編映画は劇中劇であり、このLIVEが映画だったのだ。

青春の光り輝く3人の少女が全速で駆け抜けていく

だから、最初のカット割りの早さもそれを表現していたんだ。

perfumeのファンなら、この映画を観なければなりません。

今観ても、笑えるし泣けるし…清々しい気持ちになれます。




スポンサーサイト



カテゴリ: perfume

[edit]

Posted on 2009/02/08 Sun. 10:32    TB: 0    CM: 6

プロフィール

カテゴリ

最新記事

最新コメント

検索フォーム

訪問者数

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック

RSSリンクの表示

QRコード