Perfume to 私 と BABYMETAL

PerfumeとBABYMETALのレフトなファンの戯言

09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11
 

超一流のB級ではなく 世界最高のぼんくらだった! 横浜アリーナ追加公演最終日  

ポリリズムの途中で、かしゆかの顔がゆがんだ

右手で何度も頬を拭う

しかし 涙は止まらなかった



 開演前の雰囲気を楽しみたくて、30分前には会場の中に入った

センターのD2 73番 

まるで巨大宇宙船のコントロールルームのようなPAスタッフ席の近くだ(MIKIKO先生も もっさんも確認できる距離)


開演予定時間の少し前から手拍子が始まるが、それほど大きなうねりにはならなかった

某こたつねこさんが怒っているかもしれないなぁ~と思っていたら

何をきっかけにしたのかわからないが、突然会場を揺らすような手拍子に変わった

注意のアナウンスの間少し手拍子はおさまったが、途中からアナウンスが聴こえなくなるくらいの手拍子のうねりに戻った


 横浜での追加公演 スタッフからのチラシの配布もサイリュウムの配布もなかった

それでいい

今回は何のサプライズもいらない

ここに集まっているほとんどが(全員と書けないのは少し残念だが) 熱烈なファンなのだ



 そうそう 入場前の時間にちょっとしたハプニング?があった。

小力くんと熱っぽく 関さんについて語りだしたときに

「あれ? あれって関さんじゃない?」 という声が聞こえた(誰だったか失念しました すみません)

振り向くと、関さんがカメラをかまえていた。

「関さぁーーん!」と叫ぶ

 黒猫堂さんは「和亮!」と声をかけていた

急きょ その場にいた人達の記念写真撮影会となる

とても気さくで、感じの良いひとだったなぁ



会場の手拍子は最大値に到達した

だがまだ始まらない… 始まらない…

そして、満を持して客席の昭明がおちる

 スクリーンが彩られ隠していた顔が表れる

直角二等辺三角形がつくられてゆく

なんてドラッギーな映像なんだろう

自分に魔法がかかっていくのがわかる

もう日常は忘れよう これからはじまる瞬間に心を委ねよう…

■Take Off

カウントダウンに合わせて手を上げる

飛び散る無数の直角二等辺三角形

それはやがて三人の胸の下あたりに収束される

会場に集まった数多くのファンの直角二等辺三角形が全て重なり合った瞬間に

 スクリーンの円形が切り落とされ三人が登場する

光り輝く中、三人のシルエットは挑戦的だ

降臨!という言葉がピッタリだ

 そしてスクリーンが落とされる

■Night Flight

 それはすべての人を引きつけるに十分なパフォーマンスだった

光の渦の中で三人の姿はハッキリと見えない

だが そこに存在する

誰かがいった「 ゆめのせかいのおんなのこなんだよ 」っていうのが実感できる

やべぇ!鳥肌たった!  近くの誰かが叫ぶ

そうなんだ これからこの幸せな時間が永遠につづくのだ

曲が終わると 会場が静寂につつまれる

逆光で何も見えない

イントロで黄色い光が収束する

■エレクトロワールド

会場はこの時点で最高沸点を迎えた

たぶん、Perfume史上最高のエレクトロワールドだったと思う

会場は揺れる揺れる 

私はジャンプしながら踊りまくっていた 

もう ここで全ての力を出しきってもいいと思った

■Dream Fighter

今回のテーマソングだ 

のっちがフリを間違えるくらいノリにノっていた

つられて、あ~ちゃんも間違える

いいんだ それくらい会場のノリは最高だったんだ

泣いている人がいる

大声で一緒に歌っているよ

「夢を追いかけている人にとってこんなに厳しい言葉はない…」

そうなんだ でも 夢を追いかけている人にだけわかる歌なんだ

頭でだけ考えて、何もしないで文句ばかり行っている連中にはわからない歌なんだ

そして この歌は 君達が歌うことで何倍にも輝きを増す歌なんだ

走りつづけておくれ 君がこぼす涙は世界中の何よりも美しいんだ


■Love The world

初めてオリコンチャート1位になった曲だ 

今回も会場に異国の方を何人も見た

入場前には米軍特殊部隊の偵察ヘリコプタ(たぶん違うだろうけど)が、横浜アリーナのすぐ上空を何度も旋回した

「おまえら、ほんとに日本を変えるよ!」ヴィンちゃんの言葉は 実現した

次は世界を変える存在になりそうだよ

人類最後の良心 といえる存在なんだよ

ちゅちゅちゅ !

みんな手拍子をしながら複雑で美しいダンスに見蕩れてしまっている

■MC

いいよ~ かしゆか 最強でした

たぶん 今回のライブで かっしかっしにされた人が多かったのではないでしょうか

「全部見ていただいていいです!」 今まで最強最大の殺傷能力でした

そして「名前だけでも覚えて帰ってください」発言に大爆笑

ここでアカペラリニアモーターカー(^o^)

いいねぇ 自由だね~



会場が青い色に染まる

波の音が響く
■Zero Gravity

登場シーンからMCまでの格好良さと、さっきまでのグダグダ感とまた違った空間に連れていってくれる

サイコロに座った人形のような三人が少しずつ命を吹き込まれていく

それにしても可愛いダンスに心を奪われてしまう

ステージを凝視しているMIKIKO先生の横顔も美しかった

■マカロニ
もしかしたら、この曲は今まで聞いたどんなラブソングよりもラブソングなのかもしれない

人形達は重力から抜け出して浮揚した

■SEVENTH HEAVEN
イントロで歓声が上がる

会場に柔らかい空気が漂う

そして タテノリ全開!

完璧な曲だ

何度でも書くが、ここでのダンス 天使の舞いである

この世に存在する最上の美しさなのだ


■Kiss and Music
マイケルジャクソンを例えに出すと怒られるかも知れないけど、やっぱり意識していると思う

かっけーよ すんごい難しいことをさらりとやっている

踊り狂っちゃった(-_-;)


つづくのだ

スポンサーサイト

カテゴリ: perfume

[edit]

Posted on 2009/10/31 Sat. 14:00    TB: 0    CM: 2

今羽田に着いた 

何とか仕事の都合をつけて急きょ空港へ

そして、飛行機の変更をして早めにつく事ができた

それにしても初冬の雰囲気から初夏の感じ

本日は良い天気です

傘は売れないかな

さて、アメブロの人たちは何処に集まっているのでしょうね

こたつねこさんには、どうしてもご挨拶をしておきたい


この記事は随時更新します

それにしても今回のホールツアーのシャツはトライアングル柄

この模様の人達が新横浜に多勢出没するワケで、しかも老若男女

トモダチ?と思われてもしょうがない

なにも知らない公安が出動したりして



公安にもファンがいるから大丈夫か

カテゴリ: perfume

[edit]

Posted on 2009/10/30 Fri. 14:50    TB: 0    CM: 2

超一流のB級 パーフェクトなスタイルを持ったパーフェクトなスター 追加公演最終日の前に 

昨夜は遅くまで仕事をして…少し頭痛が残っている

が 

昼過ぎには 機上の人になっている予定だ

羽田に着くのが4時過ぎ

それから新横浜へ…

多分 間に合うと思うのだが



さてさて 実は私は 新譜の発表はないと思っている

もしあったとしたら 戸田で発表していると思う 


それに シングルは出さなくていいと思っている

今はレンタルができる時代

シングルCDの役割は終わった

今の時代 シングルCDが必要なのはジャケットが欲しい私のようなコアなファンだけだ

だから シングルがチャート1位になるということにあまり意味がないと思っている

それよりも アルバムの充実を望んでいる

新譜をライブでどんどん発表していく

それがアルバムになる快感

ファンはみんな知っている曲なんだけど、なぜかアルバムに収録されない曲があったりする

それって すんごい楽しいことだ

そういう楽しみ方にシフトした方が良い

そのかわりといっちゃなんだが、自叙伝やライブ写真集やライブDVDを発売する

チャートで1位になるということには意味がなく

どれだけ長い間 アルバムが愛し続けられるかということだ

 (今のところまだ、中古CDショップで Perfumeのアルバムが山積みになっていないことを嬉しく思う)


 たった数百円(あるいは数十円)とひきかえにされてしまうアルバムであってはいけないということ

でも すごい良いアルバムでも中古ショップで山積みにされることもあるんだけど…(T.T)

まぁ 音楽というものにそういう態度で接している人たちをターゲットにしないことでしょうね

(カラスよけにゴミ集積所に吊るすなんてもってのほかですよね(-_-;))

カテゴリ: perfume

[edit]

Posted on 2009/10/30 Fri. 06:36    TB: 0    CM: 4

妄想炸裂! 直角二等辺三角形ツアー追加最終横浜アリーナはこうなる! (妄想) 

仕事を何とか急いで切り上げて着いたばかりの人が何人かいる

会場内の異様な盛り上がりはアリーナの外まで響いていた

開演時間の10分前なのに

だから、もうライブが始まっていると勘違いするくらいだった

会場内の席はほぼ全席が埋まっていた

 小さな子供からお年寄りまで… 全員がこれから始まる なにかすごいこと に期待していた

手拍子が鳴り止まない もうすでに踊っている人もいる

誰もコントロールしようとしていないのに、それぞれが自由にふるまっているのに…

手拍子だけはピッタリとリズムにあっている


 誰かが叫ぶ 「 ぱーふゅーむ! 」

それは波紋のように会場の隅々にまで広がった

「 ぱーふゅーむ! ぱーふゅーむ! ぱふゅーむ! …」

手拍子は声援にかわり アリーナを揺らしはじめた

開演予定時刻までまだ5分以上あるのに…


なぜ 横浜アリーナを会場に選んだのだろう

横浜BLITZのあの光景を期待しているファン達は会場の入口でサイリュウムとチラシを手渡されると思っていた

だが、teamPerfumeはその期待を裏切っていた

しかし、その期待外れ感がこの大合唱を生んだのかも知れない

「 ぱーふゅーむ! ぱーふゅーむ! ぱふゅーむ! …」

会場に注意のアナウンスが流れ照明が落とされる


「 ぱーふゅーむ! ぱーふゅーむ! ぱふゅーむ! 」

ピタっと声援が止まる

例のスクリーンに色が広がり…ムービーが始まる

何度観てもワクワクさせる

客席のみんなが一緒にカウントダウンをしている

例のスクリーンの3つのホールが開く…

いない!

やられた!

花道からせり上がってきた3人 

Night Flight ! 


いつものMCとはちがってさらっとした感じで、次のブロックに行く

しかし、その理由は…



さて Puppy love が終わった

ここまでのセットリストは同じで、客席の心はアンコールモードに切り替わりそうだった

だが

perfumeの三人は舞台をおりない…

「ここでニュースがあります。」

どよめく客席

「今度、私たちの曲がTV番組の主題歌になりました!」

「ええーー!」 客席は狂喜乱舞

「でも…新曲じゃないんです」

「聴いてください  ライアーゲーム2の主題曲 GAME!」

照明が落ちる

突然 イントロが始まる…

あのライトサーベルのパフォーマンスも復活!

そして曲が終わった瞬間

舞台から三人は消えていた


アンコールの声は大きな波のようにうねり、客席は興奮のるつぼだった

「アンコールありがとうございました! それでは聴いてください!」

舞台から出てきた三人はすぐにそういった
いつものMCはないのだ

「願い!」


おおーー! パーフェクトスターパーフェクトスタイルでもplastic smileでもない 「願い」


アンコール二曲目は Perfume …

ということは…

 そうなんだ  客席の全照明がつき 明るい会場のなかで 一人ひとりの顔が判る中で

らーらー らーらー らーらー らーらー

サイリュウムなんていらない

両手が揺れる景色は圧巻だった

らーらー らーらー らーらー らーらー


そして… 直角二等辺三角形ツアーは全てを終えた

「perfumeでした!」

会場の三人は振り向きもせずに舞台から去っていった


その理由は、三人の震えている肩が全てを物語っていた

その瞬間に客席の電気が落ちる

4つのスクリーンに映し出される

どーーん! ライブ写真集発売決定!

どーーん! ライブDVD発売決定!

どーーん! PTA限定ツアー決定!

どーーん! 主題歌決定!

そして

4つのスクリーンが一瞬消えて映しだした文字は…

どーーん! どーーん! どーーん! どーーん! 

Perfume 4枚目アルバム 全世界同時発売決定! どーーん! 

 (この記事は完全に妄想です 真実はどこにもありません 私の願望のみで書きました(-。-;))




カテゴリ: perfume

[edit]

Posted on 2009/10/26 Mon. 12:12    TB: 0    CM: 6

おもいで のっち 

 くっそーー こんなに素晴しい小説 とコミックを 若干21歳の娘に教えられるなんて!

なんてスンゲー!  (と のっち風に言葉を悪くして書きはじめてみた )


仙台サンプラザホールでの のっちのMC

翌日
perfume to 私

この 『おもいでエマノン』をmassasueさんからプレゼントしていただいたのです

えっとね 私の年代以上の人

 読むべきです  人類30億年の歴史上 最高にビンビンきます!

だってね… 私が子供の頃、大人たちの記憶がTVで継承されはじめた時代

すなわち 電子機器の発達によって人類の歴史を人の記憶のように映像で記憶できるようになった時代

そこを舞台に繰り広げられる…

 ま いいや

無銭旅行や 旅先での淡い恋心 人生への焦燥感 などなど

青春の残滓を持っている SF大好き中年熟年は必読です



というか

のっち なぜにこの本を選んだ? のっちは実は エマノンなのか?


実はPerfumeと言う存在の魅力は…


いろいろ深読 妄想 炸裂中です



若い人達にはピンと来ないかも知れないけど… きっと歳をとったら じわーー っときますよ


perfume to 私

perfume to 私







カテゴリ: perfume

[edit]

Posted on 2009/10/25 Sun. 04:17    TB: 0    CM: 6

あのイヤホンの送り主が… 

いろいろ やっかみ半分で文句を書く人がいるので 広めたくないのですが…

Love The World

Perfumeと出会って、世界が変わって見え始めた男のBLOG…いや、ただのファンのBLOGです。



  風来坊さんのブログ 読むとね

ココロがほっこりしますよ  ちゃんと読んでみてください

 ほんとね 贈ったひともいい感じのひとだし

受け取った側も いい人だし


 (それに いろいろひどいコメントする 変なひとがいるのは悲しいことだけど…)


あのメッセージ ファンとの距離を一気に近づけてくれますよね

そうそう 

 Perfume史上最強最大の直角二等辺三角形ツアー追加公演横浜アリーナ最終日

楽しみです

あともう少し…

カテゴリ: perfume

[edit]

Posted on 2009/10/24 Sat. 18:23    TB: 0    CM: 1

すごいことの始まりだ… 



道夏大陸の作者さんのところで見せていただきました

日本の方でも同じように世界中からのメッセージを集めておられるかたがいましたよね

これって…なんかしらんけど…涙が出てきた 

すごいことが… はじまるんだ…  2010年のボーマンの声で…  

カテゴリ: perfume

[edit]

Posted on 2009/10/23 Fri. 20:15    TB: 0    CM: 0

プロフィール

カテゴリ

最新記事

最新コメント

検索フォーム

訪問者数

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック

RSSリンクの表示

QRコード