FC2ブログ

Perfume to 私 と BABYMETAL

PerfumeとBABYMETALのレフトなファンの戯言

12« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»02
 

そして私はその場所に立つ 

ライブビデオの通常の始まり方は

 客電が落ちる前の大きな会場の満席の雰囲気を映すところからはじまる

こんなにお客さんが入っているんですよ ってな感じかな

そして観ている者も徐々にヒートアップしていく様子を映す そして本編に入る


カメラは神の位置にある 客の頭や手が被写体を遮ることはなく 

なんならライブ当日に舞台の上にカメラマンが走ったり ワイヤーカメラが頭上を行き交ったりする

二階席からみると邪魔で仕方がないのだが…

DVDを買ってくださるお客様がターゲットのライブとなってしまうこともある



このライブは違った

クレーンカメラがあったが邪魔に感じなかった(すぐ近くのひとは邪魔だったのかな?)

二階席後方から見ていたがカメラクルーが動き回っていることさえ気づかなかった
(MCでは大活躍でした)

そして視線は神の位置ではない

Perfume三人の視線 スタッフの視線 そしてもちろん、当日会場にいたファンの様々な座席からの視線

前に背が高い人がいたり、前の人の腕のサイリュウムが眩しくて邪魔だったり…

ライブ会場では当たり前の視線が挿入される

時には三人を見失う時もある



ライブに行かれた方だったらわかるでしょうが、幕に映し出されるちょっとした仕掛けもあったのだが

このDVDはそこから始まらない

 客席が真っ暗な状態から始まる 手振れカメラである

10.15 YOKOHAMA ARENAという文字の背景で

コンソールのスイッチを押す手が一瞬写る 

Perfume presentsというタイトルが入る

それから あの映像が 直角二等辺三角形を作りはじめる

客席が揺れる 誰かの視線なのだろう かなり後ろの席から 直角二等辺三角形がズームされていく

その瞬間 映像の世界に入り込む

手拍子をする客席が一瞬映る

プロジェクターの光

また映像の世界に入る

そして完成された直角二等辺三角形が無数にばらまかれる

観客の熱狂はピークに達する

そこで

P⊿T2009
Perfume⊿Tour

のタイトルだ

観客の手拍子がシルエットになっている

プロジェクターの光が別方向から映し出される

この会場の観客の手の数だけ ⊿があるように思える

やがてそれは収束してPerfumeの胸の辺りで円形を作る

その瞬間 幕に映された 映像の世界から Perfumeの三人が現実世界へ登場する

Take off のタイトル

様々な方向から熱狂する観客が映る

三人が一人ずつ映され 決めポーズを三人がとりダンスを始める

会場にいた様々な場所からの視点があり

ダンスをする三人の躍動感が映し出される…

そしてカウントダウンが終わりに近づき 三人は客席の視界から消える

サーチライトが乱れ飛び 客席を照らす

直角二等辺三角形が映し出され 会場全体をワープさせる

コンソールボックスが映る

そして…光が流れる (この光はライブ最後の 願い で再び会場に現れる)

そして NIGHT FLIGHTへ


ここまでを何度見直しても 鳥肌が立つ

無駄なカットは一切なく 絶妙のタイミングで 画面が切り替わっている 


NIGHT FLIGHTのあと

舞台が真っ青に染まり エレクトロワールドまで少し間がある

この間を忠実に再現している

ふつうならカットするところだ しかしこの間を残すことで

ファンの次への期待感や オープニングからNIGHT FLIGHTの怒濤の攻撃への感動が蘇るのだ

エレクトロワールドが始まる

ここでも技が冴えわたる

このエレクトロワールドはあの前奏がないのだ

歌い出しと同時に三人の姿を神の視線から映しだすのが常套だが

客席からの視線が続く 

そして この曲のタメに合わせて 高揚してゆく客席の気持ちに合わせてカットが切り替わる


 あー何度でも見直したくなる

良い席と言われる場所だけではなく あの日 あの会場にいた全ての人間の視線が再現されている

DISC2で かしゆかが 客席に座り席番号をいうシーンがある

そこで言葉にしていなかったが たぶん

「この席から私たちを観る人がいる」 と思ったのだろう

(ちなみに舞台の円形電飾が 二階席からのお得感という説明もしていた)

はるか後方の Perfumeの三人が豆粒にしか見えない座席のファンに対しても

彼女はメッセージを送っている

今回のDVDを観てそれは確信になった


 家でTV画面を前に 高価なオーディオシステムでソファに座りながら 楽してPerfumeを観たい人にはオススメできないけど

 おもわず踊り狂いながらDVDを見てしまうような人には最高にお進めできる作品となっている
スポンサーサイト



カテゴリ: perfume

[edit]

Posted on 2010/01/16 Sat. 00:27    TB: 0    CM: 5

プロフィール

カテゴリ

最新記事

最新コメント

検索フォーム

訪問者数

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック

RSSリンクの表示

QRコード