Perfume to 私 と BABYMETAL

PerfumeとBABYMETALのレフトなファンの戯言

08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10
 

根拠のない想像 

ねぇ  

もしかして NHKみんなのうた?


FAKE IT ってバッキバッキやブリブリのテクノではなくジャズ?

もしくは ねぇ がバッキバッキのブリブリ

FAKE ITが みんなのうた だったりして   なう 
スポンサーサイト

カテゴリ: perfume

[edit]

Posted on 2010/09/29 Wed. 19:51    TB: 0    CM: 2

偶像崇拝 

どうやら、Perfumeの三人は アイドルであることを否定していないが

アイドルになろうとしていないフシがある

PTA限定だからこそできるフェスのウラ話

カレーをパクパク食べる姿

虚像を売ろうとしていないのだ

ファンクラブ限定DVDでも 素の樫野有香をカットしていない

追記 だってSPEEDはアイドルじゃなかった



そして、ここが一番不思議なのだが

アミューズという事務所にとって、今のPerfumeほど題材に事欠かないアーティストはいないと思う

演劇にでも連続ドラマでも波乱万丈なストーリーにできる豊富な材料がある

東京ドームに向けてカウントダウン的にドラマを作成することもできた

事務所には多くの優秀な役者がいるから

Perfumeの三人が忙しくてもドラマを創ることができたはずだ

ライブ場面だけ本物を流すというのも一興だろう

だが…しなかった

偶像化するには もってこいの題材だ

それほど飛び抜けて美人じゃない少女たちのサクセスストーリー

しかも、まだまだ先が続きそうだ

泣けるシーンは山ほどあるだろう

過剰な脚色も必要ないだろう

追記 セミドキュメント いや ドキュメンタリーとしても面白い素材だ

でも しない しなかった


偶像として売り出すならドラマ化は必要だと思う

追記 偶像崇拝には物語が必要なのだ

でも しない

つまり

偶像として売れるつもりがないのではないか

今の段階でも、彼女たちはライブに来てもらうためにTVに出ているという

TVは主な舞台ではないとまで公言している

これはやはり 偶像 ではなく 実像としての

これはやはり 虚像 ではなく 実像として

崇拝される存在ではなく

共に ファンと共に 音楽を楽しもうとしている

そんな存在になりたいのではないか

そんな姿勢が 

私は好きだ

追記 「え~アイドルって呼んでもらえるんですか? ありがとうございますって感じです」



カテゴリ: perfume

[edit]

Posted on 2010/09/29 Wed. 08:40    TB: 0    CM: 1

矜持と節制 

中田ヤスタカ氏は 音楽プロデューサとして存在している

他のことには口を出さないという

彼は服飾に強い興味を持っている

いつ音楽をやめても良いと思っている

今のところは音楽に Perfumeに強い関心を持っているみたいだ(笑)


 これから書くことは、中田ヤスタカ氏への悪口ではない

むしろ褒め讃えたい


 彼は、自分のファッションセンスがPerfumeに似合わないことを知っている

自分のやりたいことはcapsuleで実現する

わざわざPerfumeに手を伸ばす必要はない

儲かるのに…




ちょっと売れただけで、商品に群がり自分の名前を利用してプロデュースする

(もしかして名前だけ貸していたりなんかして)

そんな輩とは違う



音楽の才能があるからファッションセンスも抜群だということはない

音楽の才能があるから、ステージ演出の才能があるというわけでもない

音楽の才能があるから、役者として一流だとか監督として優秀ということはない

(音楽という部分を 漫才と置き換えても良い)

(いやいや ヒット曲があるヤンキーと置き換えても良い)

(なんならラジオの構成作家と置き換えても良い)

なにより音楽の才能があるからって 

倫理観が高いということはないのだ



アイドルという名目での低年齢女子の性商品化が

社会に及ぼす影響なんて考えていないプロデューサー


そういった輩にウンザリしていた

音楽が音楽としてではなく

性商品の販売促進道具として使われていることに

うんざりしていた


また カラオケで歌われやすいことを目的とした楽曲の氾濫

素人が気持よく歌えるようなメロディ

間奏を短くして、ローテーションを早くする

そんなものをプロデュースされる

私は日本のポップス界に嫌気がさしていた




だから Perfumeを始めて見たとき…

すごい違和感を感じた

 もしかして これは 今までと違う?


その判断は正しかった

過去をさかのぼり CompleteBESTを聴いた

そこで歌詞の素晴らしさに驚愕した

クオリティの高さに身震いした

この歌詞で 高校生が あの音楽を表現していた

リニアモーターガールを最後に 木の子 さんの歌詞ではなくなる

しかし それまでのベースを継承して

さらに素晴らしい世界を創り上げていった

作曲者として素晴らしいメロディとリズムを提供してくれる

プロデュースではなく…



中田ヤスタカ氏は音楽というアイテムだけでPerfumeに関わっている

自分のやりたい事ではなく、自分の才能で


映像の関さん

振り付け 演出のMIKIKO先生

照明 衣装 音響 舞台デザイン… 数多くのスタッフたち

Perfumeにはプロデューサーはいない


中田ヤスタカ氏はでしゃばらないでいる

愚直なほどに…


カテゴリ: perfume

[edit]

Posted on 2010/09/28 Tue. 10:48    TB: 0    CM: 1

あともう少しで11月3日なのだ 



それにしてもTAKE OFFは名曲じゃぁ~  これのロングバージョンが聴きたい

中田ヤスタカ氏 つくってちょんまげ  (← 絶対につくってくれないよね)

カテゴリ: perfume

[edit]

Posted on 2010/09/26 Sun. 21:17    TB: 0    CM: 0

今更ながらですが 神 の意味がわかった 

実際に生きている人を 軽々しく 神 って呼ぶのには抵抗がある派 です

だから 神曲 って ダンテのものだし

もしくは 神田正輝に似ている字だ って思う私です



昭和生まれの 万国博覧会を体験した私は 

あの有名な映画のあの場面では絶対にナショナルキッドの仮面を使用すべきだ

それが出来なきゃ映画化なんてやめるべきだと思っている私にとって


神という字を 二つに分解して 使いまくるというのは

どうも 天が許しても 

違和感を感じる私なのです

だから

我らが あ~ちゃんが

中田ヤスタカ氏を 「 中田は神じゃ 」っていうのが嫌だったのだ

でもね

あと 三枚だけ発売してやるから 

そのあと解散だから

あとのこと考えてね

 良い思い出にしなさい って言われ

悔しくて悔しくて 坂道を歩いた三人


これまでは 電池を食って おっさん臭い 姿勢の良い奴が

ピコピコした曲を提供してくれた そんな気に入らない曲でも

懸命にやってきた

本当は 自分たちの思い描いていたスタイルじゃない


でも … メジャーデビューが最後の砦

あたえられたことをチャンスだと思って

これで頑張っていこう! って思っていた 三人

訳のわからん 黒いゴワゴワのスリットがブワーッと入った動きにくい服の新曲

それで頑張っていこうって思っていた


 だが  売れなかった

普通のプロデューサーなら自分の名前に傷がつくのを恐れて

インディーズでも メジャーデビューでも売れなかったら 逃げるって

私なら逃げる(ちなみに私はプロデューサーではありません) 

だが違った

彼は 電池を食っていたかもしれないけど

三人を見捨てなかった

残りの三曲

コンピューターシティ エレクトロ・ワールド チョコレイト・ディスコ

さらに それまでの総決算になるかもしれない ベストアルバムに

パーフェクトスターパーフェクトスタイルという曲を…

 (ここまで書いていて 自分でうるうるきちゃった…)

あのね

こんな人物を 

三人が 中田ヤスタカ氏を 神 と呼ぶのは  あたりまえじゃん

だって 見捨てるどころか

こんなスゴイ 素晴らしい ポップス史上に残る こんな曲を 

売れないアイドルグループに与えたもうたのだ

コンプリートベスト 完全なるベストアルバム

もう一度 いや 何度も聴きなおそう

三人を崖っぷちから救い

万人の元に使い

多くの 生活に疲れたおっさんたちを救済した

この人物を そう呼ばずしてどう呼ぶのだ


(今回の記事を読んで 共感されたといって 

高価なツボやクリスタルなどの購入について方法

あなたの前世の呪いについて相談されても 

私は答えられません)



追記

01. リニアモーターガール
02. ファンデーション
03. コンピューター ドライビング



01. コンピューターシティ
02. Perfume


01. エレクトロ・ワールド
02. wonder2


01. チョコレイト・ディスコ
02. Twinkle Snow Powdery Snow



01. パーフェクトスター・パーフェクトスタイル
02. リニアモーターガール
03. コンピューターシティ
04. エレクトロ・ワールド(Album Version)
05. 引力
06. モノクロームエフェクト
07. ビタミンドロップ
08. スウィートドーナッツ
09. ファンデーション
10. コンピュータードライビング
11. Perfume
12. wonder2



カテゴリ: perfume

[edit]

Posted on 2010/09/25 Sat. 17:10    TB: 0    CM: 16

おもしろかったです PTATV 


perfume to 私

にしても ゆるかった

ハッピーのスタッフさんに助けられていたそうですが…

のびのびとしておりましたね

 お昼からログオンしていたのが、なぜか期限切れ

二分前まで格闘  サーバーが混雑していて…うんぬんかんぬん

なんと三秒前にログオンできて 見事に観ることができました

前回は臍を噛んでお茶を沸かしたので 

今回も半ば諦めていたのですが…

たのしかったです

カテゴリ: perfume

[edit]

Posted on 2010/09/21 Tue. 22:31    TB: 0    CM: 3

だからPerfumeは凄いんだって 



いつも 素敵な記事を書かれているdef74さんのところに貼りつけてあった動画でございます

Perfumeの詩の世界の深さを NHK の良質な番組で紹介されるなんて…

ふぉふぉふぉ… やっと世間はPerfumeに追いついてきたのかね

普遍的な 真実は 認められるものなんですね

そういえば、テレビで ある女性コメンテーターが

 「ちゃんとレッスンを積んで実力でそろったダンスを踊るグループの人気ですね~ 」と少◯時代を評価していましたね

「最高でも9人くらいがいいですね 」とも言っていましたが…


まぁ 大きな事務所の力で注目されるのもいいけど…  

 やっぱ Perfumeだな

カテゴリ: perfume

[edit]

Posted on 2010/09/20 Mon. 21:47    TB: 0    CM: 2

プロフィール

カテゴリ

最新記事

最新コメント

検索フォーム

訪問者数

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック

RSSリンクの表示

QRコード