FC2ブログ

Perfume to 私 と BABYMETAL

PerfumeとBABYMETALのレフトなファンの戯言

10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12
 

Perfume@東京ドーム 1/50000の心象風景 しょの3 

「Perfumeの掟」に込められたメッセージについて

そうです Doughnuts mad style lab.さんによる 今回の Perfumeの掟 の解釈です

流石です  これ読んじゃったら 記事を書く気がなくなちゃった(書くけど)

ぜひ みなさん読んでみてください 面白い解釈です


MCはのっちが語り始めた 5万人を前に… 噛みさまが…

でも 漢のっち 流石です

リハーサルから楽しんでいたと… 誰もいない客席を煽っていたと…

一瞬 午前中にラクーアガーデンステージの前で座っていた時のことを思い起こした

数少ないベンチ 

喧騒どころかジェットコースターの音と悲鳴の中で

パフォーマンスをしていたPerfume

通りすぎる人たち… 

満席になった東京ドームを想像しながら

ニヤニヤしながらリハーサルをしていたという

心にしみる話だった

さて あ〜ちゃんが戻ってきて かしゆかが戻ってきて

「ラブリーな曲を…」といって始まった

「みなさん手拍子をお願いします…」

M05 ナチュラルに恋して

長い花道をステージに見立てて踊る

最大公約数ではなく最小公倍数のライブ
だった

5万人すべてを同時に喜ばせることなんて不可能だ

だけど Perfumeは目の前にいるお客さんに全力でパフォーマンスする

それしかできないのだ

でも
あの場所にいる観客の喜ぶ気持ちが伝わってくる

アリーナ前席にいる人を羨ましいとは思わなかった

私は全体を見渡せる場所で 嬉しかった

遥か上空の内野スタンド最上段部

かしゆかが手を振っていた 

彼女にはあの席にいる人達の表情が見えていたような気がする

気がつけば私はほとんどスクリーンを見ていなかった


M06 love the world

この曲の認知度は高い 近くの席の女性がちいさな悲鳴を上げた

かわいい! かわいい! って連呼している

会場がほんわかとしたムードになってきた

M07 I still love U

だかどどっとだかだどこどん!

ずったたずったたずったたたたどん  
ずったたずったたずったたたたどん 
ずったたずったたずったたたたどん 

でけどんどんどんどどでkででけでん!

この踊りはキレッキレ

三曲で三つのパターンを披露しちゃいましたよ

代入不可の唯一無二の存在

どちらにも振りきれることができる存在

そして

M08 575

人形のように 披露する

美しくて美しいPerfumeが 舞台装置で増幅されていた

この時からモニタースクリーンが大変なことになっていることに気がついた…
スポンサーサイト



カテゴリ: perfume

[edit]

Posted on 2010/11/05 Fri. 21:11    TB: 0    CM: 1

Perfume@東京ドーム 1/50000の心象風景 しょの2 

俺の目は節穴だった

ライブの前にセットリストを考えるのが楽しみだった

だけど 今回はしなかった

考えなかった…

でも 過去の曲のメドレーや あるいは 曲順を12345678910に合わせてくるのかな…

って 結局は考えてしまった


M02 不自然なガール

どーーーん! キマシタヨ

シークレットシークレットから不自然なガール 

いいじゃん 詩の世界観がつながっている

赤い手袋と肩に赤い餃子のような衣装はなかったけど

トロン衣装が力を発揮 電子的 バーチャル 

そんな言葉が似合う

で 

出てくるなよ ダンサーがバックスタンドステージから出てくるなよ

って一瞬思った 

このまま三人だけで世界を構築してくれ

本気でそう思った

(出てきたら出てきたで、それなりに凄いことに放っていたのでしょうが)

さて

もう おじさんの体力の限界

そこに… なんかすげーSEが

モニターの一つが故障したような映像(これまたカッコいいんだ)

会場に設置してあるたくさんの巨大モニターが映しだす映像

どこを観たら良いんだ! って センターステージを見ればいいんだ

モニターに文字が映し出される

GAME…

キターーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!

M03 SE ~ GAME

GAMEツアーに行けなかった悔しさと

ここでこの曲を持ってくるセンスと

私ゃ叫びまくりました この時点で声が枯れました

あのね 花道を移動するステージで

あのキレッキレのダンスを披露されちゃったんですよ

もうモニターなんか観てられない

豆粒ほどの三人が大きく見える

ライトセーバー点灯の瞬間が近づいてきた…

ダカダカダン! ダカダカダン! ダカダカダカダーーーン!

長い花道の途中で降りて 彼女たちは踊りまくる

観客も踊りまくる

初めてPerfumeのライブに来た人も

そう 最近Perfumeにはまった人にとっても

GAMEは格好良すぎるのだ

edgeに匹敵する

そう 今回 edgeをやらなかったのは正解のような気がする

そりゃ 東京ドーム仕様のedgeをやると凄いものが出来上がると思う

だけど 今回のPerfumeがライブで見せたかったものとバランスが崩れてしまう

GAMEくらいがちょうど良かったと思うのだ(ってGAMEって凄いんだけど)


M04 ワンルーム・ディスコ

5万本以上の指が上がった

ちょっと待ってよ 体力が続かない

シークレットシークレット 不自然なガール GAME ワンルームディスコですよ

殺す気か!

でも踊り狂いましたよ

だってね

今までのライブのオープニングからのパターンを無視して

この四曲で 今のPerfumeは観客をアゲアゲにできるんだよ

こんなに隠し玉をもっているんだよ

そして 彼女たちは せつなく 不思議で カッコよく 楽しそうに 踊った




カテゴリ: perfume

[edit]

Posted on 2010/11/05 Fri. 15:52    TB: 0    CM: 0

Perfume@東京ドーム 1/50000の心象風景 

まずはこの方の記事を読んでください

ライブハウスと東京ドーム


では

M00 GISHIKI

多くのファンはGAMEや武道館 直角二等辺三角形のようなカッコいいオープニングを期待していたことだろう

だけど、その読みを見事にかわしてオープニングは始まった。

そりゃそうだ。

同じ様な手法を4度もやるほどMIKIKO先生はバカじゃない

オープニング前、コンソールコーナーにMIKIKO先生が現れたとき、気づいたファンはスタンディングオベーションで迎えた。

かくいう私も、見知らぬ隣の座席の人に「ほら、MIKIKO先生が来た!」って報告しちゃったくらい。

もちろん精一杯大きな拍手をしましたよ。

ライブの演出家がこんなに盛大に迎えられるって…やっぱPerfumeは…

記憶が曖昧なのだが、大きな手拍子が起こり、影アナ(公演に関するの注意などをいうおねーさん)の後半部分は聞き取れないほどヒートアップした会場

もちろん総立ち 5万人のうち何人が座っていたのだろうか

やがて大きな雄叫びが上がり始めた 

照明が暗くなる…

だがそう やられました 

静かに 厳かに 儀式は始まった

花道の三方から彼女たちは登場する 

眩しいライト 

純白の衣装 

長い長いベール

1 2 3 4 …

ゆっくりとゆっくりと中央に向かって歩んでいく

「あ~ちゃん!」
「のっち!」
「かしゆか!」って叫んでいた人たちも黙りこくってしまう

会場が そうだよ あの5万人の会場が シーンって感じで 無音になるんだよ

5 6 7…

ベールを掲げる 

この距離からだとどれが誰かは判別できない

でもそれもいい 三人でPerfumeなのだ

9 10… 

中央部の真っ白な布製の三角錐オブジェに溶けこむように三人が入っていく

影が映る 

会場が暗くなる

らんらんらんらん…

えぇえええええ!!!!!!!

どよめきと驚愕の叫びが客席から上がる

らんらんらんらん…

真っ白なオブジェに影が映り人形たちは踊り始める

らんんらんらんらん… ぎょえーーーーーん ぎょえーーーーーん

重低音が重なる

らんらんらんらん…

幕が一瞬で吸い上げられていった


M01 シークレットシークレット

蛍光色のまるでトロンのような衣装が美しい

だが無表情で踊る人形たち

もどかしさ 

ほんとうのこと

きみはいつでも…

触れる指先が切れそうだ

そうか 
あのパンフレットの赤い手袋は サインだったのか…

カテゴリ: perfume

[edit]

Posted on 2010/11/05 Fri. 15:04    TB: 0    CM: 0

評価は始まる前から決まっていた 

まずは 東京ドームでは わーちゃんさんと古ぼけた館さんとエルニーニョくんと挨拶できただけで…
(11時ころから会場付近にいた)

一秒でも早く会場に入りたかった私は

他の方とお会いすることが出来なかったです


ということでNEXTがありますから… 


さて 私は一番乗りではなかったのですが、ほぼ誰もいないライブ会場に入場できました

広い (そんなことは最初からわかっていた)

会場の花道 中央ステージを観て バックネット裏のはるか上空の席を見て

ここが本当に満席になるのか…

なんてことを思っていたら あっという間に時間は過ぎていった

一塁と三塁のベース付近にそびえ立つスピーカーと照明用の30m以上ある支柱

それが 今回のライブへの意気込みを感じさせた

音が悪いだろうことは初めから分かっていた(でも 徐々に修正していった 佐々さんら爆音TEAMはすごい)

残響が手拍子を狂わせ一体感を損なうことも予測できていた

三人が豆粒ほどにしか見えないことも…

そう それほどこの会場は広いのだ

ではなぜ ここでやるのか…

そんなことはファンならわかるはずだ


というか のっちの「夢のよう」

かしゆかの「楽しすぎて一瞬のよう」

あ~ちゃんの「かしゆか のっち 一緒にいてくれてありがとう」

これがすべてだ

私は三人の笑顔が  豆粒ほどにしか見えない 彼女たちの笑顔が

スクリーンからではなく  感じることができた

3人は5万人を魅了するオーラを発していた 




なぜ最後にポリリズムだったのか

衝撃的な登場ではなく、ゆっくりと静々とライブを始めた

なぜシークレットシークレットだったのか

ジェニーはご機嫌ななめでガタピシの手押し車でグダグダに(乗っている三人は何度も転けそうになった)会場を回ったのか

なぜこれからの告知をしなかったのか(忘れたわけではない)

なぜあのような花道にしたのか


 たった三人で 炎も水柱もスモークも…使わなかったのか

(最後の花火は別物)

バックダンサーもなく ゲストもなく いつものような長い客いじりをして

なぜ そうしたのか

それは Perfumeだから

あの三人とそれをサポートする仲間とファンだから…


楽しかった 夢のようだった 一瞬に感じた そして

のっち かしゆか あ~ちゃん

Perfumeでいてくれてありがとう

カテゴリ: perfume

[edit]

Posted on 2010/11/05 Fri. 05:29    TB: 0    CM: 4

プロフィール

カテゴリ

最新記事

最新コメント

検索フォーム

訪問者数

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック

RSSリンクの表示

QRコード