Perfume to 私 と BABYMETAL

PerfumeとBABYMETALのレフトなファンの戯言

01« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.»03
 

ワンルームから… 

ブレイク後に… なぜか  武道館を達成してから…

なぜか ワンルームディスコで1曲で1年間以上を過ごした…

当初 このタイトル曲で爆笑を誘った

生活臭がする世界観 

そしてカップリング曲の 異質感

もしかしたら、行き詰まり? あるいはネタ切れ? 方向転換?

などなど

ワンルーム・ディスコという曲に関する評判は 様々なものだった

ところが

代々木第一体育館を 昔オリンピックをやった場所を

巨大ディスコに変えてしまった

このDVDは何故か発売されていない

が…

始まって一発目の曲で あの広大な空間をディスコに変えてしまった

「ディスコってなに?」

そして… フェスで最大の会場を制覇していき

直角二等辺三角形TOURである

ここではラストの盛り上がりへのきっかけとして披露される

イントロで奇声を発した途端に会場の雰囲気が一変する

そして…翌年のフェスで鍛えあげられていったこの曲は

東京ドームで 最後の脱皮をする…

「とーーーーーーーーきょーーーーーーーどーーーーーーーーーーーーーーむ!!!!!!」

この瞬間に

ワンルーム・ディスコという曲は歌詞の意味を変えてしまう

それまで

狭い部屋での出来事を歌っていると思っていた歌詞が

そこに集ったみんなでひとつになって踊るぞ という合図に変わってしまう

ワンルーム・ディスコが強力な武器として完成した瞬間だった。

だから… 今夜も きっと叫ぶだろう


スポンサーサイト

カテゴリ: perfume

[edit]

Posted on 2012/02/29 Wed. 00:53    TB: 0    CM: 0

決別…それとも… 

 PTA MOVIEをご覧になられた方… どう思いますか?

先日からの 東スポ情報も相まって  もしかして移籍?って思っていませんか?


ここで 発表前に

はっきりと書いておこうと思います

私の好きなPerfumeは移籍しません

業務提携という形にならあるでしょうが

私の好きなPerfumeは徳間を離れて(もし和解というかたちであっても)

そんなことをしないと思います

そりゃ 芸能界 でトップを狙おうっていうのならビジネスライクに振る舞うのが当然でしょう

でも

私の大好きなPerfumeは そんなことはしないでしょう

いえ 浪花節が好きなわけじゃないです


徳間に恩義を感じることもないでしょう

十分に収益を与えたはずです

でも

私が好きなPerfumeなら移籍なんてしないでしょう

別に 事務所のゴリ押しで売れたわけではない

ましてや レーベルの広告展開によって売れたわけではない

CMで売れたわけでもない

(未だに公共広告機構のCMによって売れたって思っている人が多いようですが)

彼女たちは ライブハウスに熱狂を産み

それがじわじわと広がっていった 

レーベルや事務所の力ではない



もう一度書く 

私の好きなPerfumeなら徳間からの移籍という方法は選ばないだろう

事務所からの独立もしないだろう

なぜなら

Perfumeは そんなものを  常識とか セオリーとか

そんなものをぶっ飛ばして 今の場所にたどり着いたからだ

そんなPerfumeが好きなのだ

何度も繰り返すが

私が好きなPerfumeは 移籍なんてしない

彼女たちは小手先の あるいは 資本力の力なんて必要としない

素晴らしい音楽とパフォーマンスとキャラクター

それだけで十分に世界の人達の心を鷲掴みできる

閏年の2月29日

私の好きなPerfumeでなくなることはないと思う


【2012 2 29 追記】

やはり、移籍しました… 昨年の大人の会議って この件だったのかもしれませんね

残念ですね…(これは私の勝手な思いです)

ただ、驚いたのが日本では「JPN」のiTunes配信しないことと

YouTube公式サイトを設立するってことですね


私の好きなPerfumeではなくなりました…が

物凄いことが起こるのかもしれませんね

これからの動向が気になるところですね

カテゴリ: perfume

[edit]

Posted on 2012/02/28 Tue. 19:10    TB: 0    CM: 4

もっと天狗になってもいいじゃない~ 

実力どころか芸も何にもないのに威張っている人っているじゃない~

威張っているから、番組でもそういうふうに扱う…

そういう人っているじゃない~

ま それが芸なんだから、それはそれでいいのかもね


 あのさぁ~ あの国民的大スターSPEEDの記録を塗り変え続け…

 ライブが文化庁芸術作品に選ばれるし…

 ピクサーの映画の挿入歌に向こうから「使わせて~」って言ってくるし…

 サブカルから生まれでた脅威的な邦画(もちろん日本アカデミー賞は獲ったんでしょうが…)に

今までない形での出演をして…

 それにさぁ~韓国では日本の代表的なポップグループって紹介されて…

っていうかぁ

日本の才能のあるミュージシャンや映像作家などから猛烈なラブコールを受けている…

そんなアーティストがですよ…

テレビ番組でぞんざいな扱いを受けても

ヘイコラ、ヘコヘコと笑顔で出演している


数億円の巨大ビジネスを次々と成功させているんですよ…

「持ち時間、二曲フルコーラスでなきゃ出演しないよ」くらい言ってもいいほどの立場なのに

自分たちのことを ゴロンゴロンと表現し…

卑屈なわけではなく、ポーズでもなく… 謙虚なんだよね…

ま 

ファンじゃない人たちからしたら

CMにバンバン出ているわけじゃないし…

ドラマにも出ていないし…

…  って

彼女たちはCMタレントでもないし女優でもない


本業のほうで、CDが売れない時代に莫大な費用を使った広告展開をしなくても売上を伸ばし

っていうか売上では評価しきれていないほどの完成度の高い作品を発表している

ライブ会場が巨大になるだけではなく、ちゃんと集客して満員にし

それでもプレミアムチケット化していて

なんといっても、芸術性の高いパフォーマンスを披露して

ライブに参加した人たちが多幸感いっぱいになるライブをしている

それだけじゃぁ一般の人達に認知されないのはわかる

わかるけど

エンターティメントを生業としているテレビ番組で

扱いがぞんざいじゃないの~って思うことがある



いいんですけど

テレビ番組を観ないだけでいいことです

ライブDVDなどのコンテンツで満足していますから

音だって数百倍良いですし

なにより

ただで見るテレビ番組より

航空運賃と宿泊代をつかって

ライブに行けば…数千億倍の充実感も得られるしね

つーことで

最近 特に テレビの音楽番組を見なくなっているなぁ~

あと、二年後くらいに

世界進出で大成功したPerfumeを

テレビ番組がどんな扱いをするか… その時には音楽番組を見るかもしれないけど…

(笑)




カテゴリ: perfume

[edit]

Posted on 2012/02/26 Sun. 19:05    TB: 0    CM: 4

なぜ静岡でやるのでしょう…JPNツアー 

noti-2.gif

なぜ彼女はそんなにはしゃいでいるのでしょうか?

それは ライブが出来る楽しさに違いありません。

df-2

夢追い人である 三人組は現在 JPNツアー として 日本各地に慈愛の粒子を振りまいている

 例えば… 後の世に「 伝説の四角型 」と呼ばれる福岡でのライブの大成功の影には

 「 ルナシティの悲劇 」と呼ばれる物語が存在する(らしい)

そして「 福岡の李小龍兄貴がティシュで涙を拭った 」といったような噂や

長老様たちの「 香水惑星 」という初期の必殺技への思いなどが混ざっていたという

 また、 記憶が薄れてしまいそうな 2007年7月16日の災害被災地で開催された新潟ライブ

多くのファンは八甲田山雪中行軍並の覚悟で集結したという。

苦難が多いほど、人の心のつながりは強くなり暖かくなる…それを具現化されたライブは後の世に「 朱鷺の針 」と呼ばれることになる

 埼玉で行われたライブは、あの巨大な空間をひとつにするため縦横無尽に走り回り、最後には文字通りJPNの上に立って心を通じ合わせようとした。

 後の世は「 ピエール中野への復讐 」と呼ばれるかどうかは定かではない


そしてそして このライブツアーの始まりの場所は…

そう1995年1月17日から見事に復興した(まだ完全ではないし、心の傷は癒えていないだろうが)場所である
 
そこへのまさかの「 パクパク登場 」 のっちです!

後の世に「 再生の始まりの場所 」と呼ばれるライブです…

で…

これから行われる広島ライブは後の世に「 カーネーションステージ第二部 」と呼ばれる本当の凱旋じゃけぇ

愛媛ライブは「 柑橘系の聖地 」への感謝の気持ちあふれるライブになることは間違いないでしょう

名古屋と大阪ライブはともかく(笑)

北海道は… 実は日本の中でいちばんのアウエーへの挑戦なんです

「 サッポロファクトリーの悲劇 」  「 Dream Fighterキャンペーンのテレビ局の扱いの惨劇 」
「 パボの怪談 」「 深夜タクシーの値段 」 などなど 例を上げればキリがない…

そこでのライブです 本当に真駒内アイスアリーナは満員になるのでしょうか?
(千秋楽というプレミア感も武道館4日間追加公演と沖縄打上公演で全くなくなりましたからね)

おじさんはそれが心配です




タイトルの話にやっとなるわけですが…


なぜ静岡なのか?

どうして?

なんかあったけ? 

お茶? 好きだっていう話は聞いたことがない…




静岡といえば うなぎ?

でも うなぎって穴子じゃないもんね…

なぜ

静岡…













そうです内村プロデューサーが、かしゆかに感化されて登山したというあの山がある場所です


p1110183.jpg


それ以外に考えられません(静岡方面の皆さん 本当にすみませんm(__)m)

カテゴリ: perfume

[edit]

Posted on 2012/02/26 Sun. 07:43    TB: 0    CM: 4

遺跡問題について 

camb_ankor2_19.jpg

えっと、何やら騒がしいですが…

iTunesで楽曲提供ができないのは、徳間の問題ではなくてアミューズの問題だと思うんですよね

それと、JPNというアルバムを徳間で出したわけですよね

それを考えれば、他のレーベルに移籍というのはアミューズ側は考えていないと思うんだよね

team Perfumeが徳間からなくなったのは、当然といえば当然でしょう

ポリリズムだって向こうから来た話であったし…

徳間というレーベルでは海外展開は難しい

iTunesへの楽曲提供さえ出来ればいいのでしょうが…

でもテクノ半ズボン番長はCDアルバムという作品提供を譲らないと思うんですよ

だから、海外でのCD販売をしてくれるレーベルとの提携と考えるのが妥当と思うんですよ

iTunesへの提供を考えるならアミューズから移籍しなきゃいけないし…

Perfumeがアミューズから離れるというのは考えられない…

故に…

東京スポーツ クオリティだもん   ってことでしょう?

カテゴリ: perfume

[edit]

Posted on 2012/02/25 Sat. 10:43    TB: 0    CM: 6

long long time ago天 

おじさんが若かった時に、アーケードゲームというものが登場した

トラックボールというものを使って操作するのだが…

landing-1.gif

これが難しいのだ

asteroidfight.gif

だが このCGに興奮したものです


スターウォーズのミレニアム・ファルコンの銃座のモニターのCGも線画でしたが

なんと、スターウォーズ公開後に、カラーのゲームが登場した…
TITLE_STARWARS.jpg

このカラーに興奮したかといえば…そうではなかった…


白黒のシンプルな線画のほうが想像力が膨らむのだ

カラーにしただけで線画であることが強調されてしまう

LunarModule3D1.jpg


これくらいのCGでも、ダメなのです

やはり、白黒の線画のほうが想像力が膨らむし…

なにより…あのトラックボールの操作感が良かったのだ(笑)

でね 

この話がなぜPerfumeに関係あるかというとね…

エレクトロワールドのPVで線画っぽい表現があるんですよ

もしあのPVの予算が潤沢で、フルカラーCGでポリゴン数も多かったとしたら…

あの味は出せなかったと思うのです

TSPSのCGで巧いのは、敢えて画像をボカしたことです

多分、エレクトロワールドの数倍の予算で作成されたCGなのでしょうが

色を抑えた画面を、ほんの少しぼかしていることで

背景の想像ができるのだ

もし背景を作成しなければならなかったとしたら…

アバターレベルのCGを作成しなければならなかったでしょうね

でないと、実写の三人とのバランスがとれなかったと思うのです


以前に作ってみた画像なんだけど
perfume to 私

perfume to 私

perfume to 私

この程度でも全然ダメだったと思う



JPNツアーの演出も 

過剰な装飾を排して 物凄くシンプルである

あの演出でのレーザービームの使い方も…

線画であり…想像力をかきたてるのだった

そして

スクリーン映像も非常にうまくつくられていた

まだライブを観られていない方

あるいは参加しまくって何も観ていなかった方…(笑)

あのシンプルであり 上品な演出

はやくDVDで観てみたいと思いませんか?



私は観たくありません… 参加したいです(笑)

カテゴリ: perfume

[edit]

Posted on 2012/02/22 Wed. 23:01    TB: 0    CM: 0

どうしても許せないこと!(笑) 

もう何年も前から許せない事象について今回は書いてみたい いや 書かせていただく


82F1.jpg

どーーーしても許せない人物がいた

でも、アスリートは芸人ではない

だから…人前で あるいはブログのような公の場で悪口になることは書かないでいた

だが…

政治家になったので 

政治家に対する悪口は批判は書くことができる

だが 

書きたいのは 公職に対しての批判ではない

そこで 今回は 名前を伏せて書く

悪口ではなく…

この怒りの気持ちを誰か理解して欲しいということなのだ

yawara-1-thumbnail2.jpg

私は 浦沢直樹氏の『YAWARA!』の大ファンだった

この作品のモデルは、「女三四郎」と呼ばれた山口香(全日本選手権10連覇・世界選手権金メダル・ソウル五輪銅メダルなど)といわれている。
a0046462_2341127.jpg


山口香の柔道スタイルが好きだったし、なにより山口香選手は控えめで柔道に真摯な美少女選手だった。

でね

なにを、おっさんが怒っているのかっていうとね


現在、政治家の彼女が「やわらちゃん」と呼ばれていたことが許せないのだ

言っておくが、報道陣が勝手にそう呼んだのなら、まだ許せるのだが…

初めて彼女が報道に注目された時、自ら「やわらちゃんと呼んでください!」と報道陣にアピールしたのだ

その様子をテレビで観ていた私は愕然とした!

いいですか…

自ら、自らですよ…その時に流行っていたアニメの美少女キャラである

たくさんのファンがいる猪熊 柔を 自ら名乗ったのだ…いや

そう呼んでくれ!と大勢の報道陣に…自ら主張したのだ!

それで、翌日から報道では「やわらちゃん」が定着してしまったのだ。

たしかに「YAWARA」ちゃんではなく「やわら」ちゃんだから…

見当違いな怒りなのかもしれない

偶然の一致なのかもしれないし…

浦沢直樹氏の『YAWARA!』を知らなかった可能性もあるだろう

柔道のことを「やわら」というからね…

でね

その後、金メダルを獲ったもんだから…国民的英雄に祭りあげられたしね



何を怒っているかというと

うーん

そうだ

私が Perfumeを好きだとしよう

そこに、Perfume Genius なんてバンドが登場して

世界的に注目されたら… どう思うと思う?

っていうレベルの話ではない


例えば浦沢直樹氏が、友部正人氏をモデルにして「DYLAN」という音楽漫画を書いて発表したとする

主人公は、音楽に真摯に向かいすぎて、苦しみながらも音楽の道をすすんでいくという話だ

それがアニメ化されてヒットしたとする

そこに、あるミュージシャンがなにかで賞を獲って

報道陣に「ディランくんって俺のことを呼んでくれ!」って言ったとする

翌日から彼はディランくんと呼ばれるようになる。

その後、彼は有名なミュージシャンになり、何かの賞をとった記事になるたび「ディランくん」と呼ばれる

そのうち ディランくん は政治家になる


あのね 

山口香さんがモデルなんですよ

なんで 自分から「やわらちゃんって呼んでださい!」っていうんだよ!

原作のファン アニメのファン そして浦沢直樹氏のファン

さらにさらに、山口香さんの大ファンの気持ちってわかるでしょう?

わかってよ!

っていうことなんですよ



そして


そんなヤカラに、

樫野有香さんが似ているなんて言う奴

絶対に許せないよ!(笑)

カテゴリ: 企画もの

[edit]

Posted on 2012/02/21 Tue. 20:53    TB: 0    CM: 6

プロフィール

カテゴリ

最新記事

最新コメント

検索フォーム

訪問者数

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック

RSSリンクの表示

QRコード