FC2ブログ

Perfume to 私 と BABYMETAL

PerfumeとBABYMETALのレフトなファンの戯言

04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06
 

追加公演初日 武道館 武道館には氷結が必要だ 

前記事の続き 副題「のっちはのっちだった」

彼女のMCは独特な世界観を生み出してきている。

実は、なんと…追加公演初日の最初のMCで 噛まなかったのである

噛まなかったが…

のっち「今日のライブのために準備してきた!」

みんな「うぉおお!」

のっち「でもさぁ、準備なんかなくてもさぁ…今日この日をさぁ…なんていうのか、今から頑張ってさぁ…」

みんな キョトン

のっち「今日のライブの準備をして来なかった人!」

みんな「うぉおお???」

のっち「えぇ~ なんかちょっとそれは寂しい…」

みんな ??????

どーせいちゅうんや 

ところがその後、かしゆかさん登場です

汗で顔面がデロンデロンになったのっち

汗をちゃんと拭いて、スッキリとした顔でいるかしゆか

スクリーンに交互に映し出されるのだが

のっちさん、汗を拭きたそうですが、あ~ちゃんが登場せず、話もデロンデロンになって

美味しいところをすべて、かしゆかさんに持っていかれます

でも…私の近くの席の女性が

「いいんだよ。のっちはそのままで…」

「だいじょうぶだよ、のっち」と

声援ではなく、そうやってつぶやくのが聴こえたのだ

モテてますよのっち 女性のファンの心を鷲掴みです

でも、あ~ちゃんが登場して 音符で物事を表現しだしたあたりから

私の近辺の女性が

「あ~ん あ~ちゃん可愛い!」の声が漏れていました。

真駒内では、あ~ちゃんに抱きつかれたのっつです。

あ~ちゃんがかしゆかに抱きついた後、「ホレ!来い!」と万全の体制をとっていたにも関わらず…

結果は…

のっちクオリティは落ちていません。

でもね

おじさんは知っているよ

幾つかのシーンで

明らかに汗ではない 何か が君の頬を伝っていたのを

満面の笑顔で 

鋭い眼光で

どや顔で

でも時々

汗ではない 何か が彼女の頬を伝わって落ちていた

初めてパフォーマンスのフォーメーションを真横で、見たけれど…

ものすごく正確に考えぬかれた立ち位置だったように思える

ただの三角形ではない

どの角度から見ても楽しめるように考えて

微妙に位置をずらしたり整えたり

それが、すべて計算されてやっているから

スムーズに移動して、流れるように立ち位置が変わっていくんだ

マイクが出てくるタイミングや

映像とのタイミング

オブジェクトが動くときの小さな動き

すべてが美しく洗練されていて

これを支えるスタッフさんの技量はとてつもなく高いものだと思う

武道館は音の遅れが少ない会場だ

だから、観客のリズムも狂うことがなかった

前回の記事にも書いたけど

アンコールの手拍子が一体化した時

そのリズムに、いつまでも浸っていたいと思ったのは私だけなのか?

ポリリズムのハンドクラップのシンクロ率も凄いとしか言いようがなかった。

間違いなく、あの日、あの武道館に集まった人たちは

ライブをしに行ったのだった

だから、五月だというのにあの熱気を生み出したのだ
スポンサーサイト



カテゴリ: perfume

[edit]

Posted on 2012/05/10 Thu. 17:45    TB: 0    CM: 2

Perfume武道館4Days初日に参加した 

JPNツアー 追加公演 日本武道館4Days その一日目に参加してきた
副題「のっちはのっちだった」

今回は、本当に奇蹟的にスケジュールの調整がついたので、なんとか参加できた。

武道館って、ずっーーーと昔に…高校生の時にKISS来日の時に行って以来だった気がする。
あの時は、学校が終わってすぐに友人と夜行バスに乗って大阪から東京に行ったことを覚えている。

今回は、パッパラー河合氏に敬意を払って九段下から日本武道館に向かったのだが…

なんと…靖国神社がすぐ側にあるのね。一瞬、公人として参拝しに行こうかと思っちゃったくらいにして(笑

で、ここで「なきゆかさん」と「髑髏さん」そっくりな二人を目撃

だが…真駒内でスクリーン越しにしか見たことがないので、話しかけることを躊躇った。

ニセ?夫妻は、交番横の地図を眺めた後にロイヤルホストに行かれたようだった。

で、シャレオツな私としては やはり、原田泰造さんも大好きな サブウエイ のサンドウィッチを食したのだ。ひとりで…(T_T)

店内には、シャカシャカやイエローTシャツを装着した、可愛らしくちゅるっとした女のコたちがお食事をされていた。

おっさんの代表のような容姿の私は、所在なく、店の片隅で、パンくずをボロボロとこぼしながらなんとか食事を済ませた。

私の心に「やっぱり私には、薄っぺらい牛肉破片と白ご飯を一緒に丼に入れた食物のほうが向いている」という堅い決意が生じていたことを記しておきたい。

さて、なぜその場所で食事をしたかというと… あの、黄色いタマネギを見たかったからだ。そのために少し坂を下ったのだ…くだったのだ…九段だけに…くだんないけどくだんの話でした(のっち師匠風に読んでいただければ幸いである)

(えっと、Perfumeライブの話を読みたい方、怒らないでね)

そして、サンドウィッチを食した私は平日で仕事をしているビジネスマンや、学校帰りの可愛らしいセーラー服の女学生を横目に、今日の戦場である日本武道館に向かったのだ。

物販は行列はできていないが盛況そうである。若干、スニーカー販売の女性が暇そうにしていたが…。

考えてみれば追加公演である。大都会東京での初めての開催とはいえ、つい先日にSSAで7万人くらい集めてライブをやったばかりである。

物販を購入するのは、今回はじめての参加の方だけである… って、追加公演用のグッズがあるではないか!。

物販テントは時間経過とともに(特にPTA特販)盛況になっていったのでR

で…私はとりあえず、予定より早く到着したのでいつものごとく…ぼーーーーーーーっとするのを楽しんでいた。

すると目の前を、野球ユニフォームを着用した男性が通過… このデザインは!

目立ちます。野球のユニフォームです。チーム名にPerfumeと書いてあります。

そして背中にはKASHIYUKAの文字と背番号3

そうです、我らがスナフキンさんです。

思わず声をかけちゃった。

で、YUKIさんのライブについて暑く語り合い、かのJPNオブジェクトの前に移動

コスプレイヤーさんたちが溜まっていました(笑)

すごく楽しそうです。

なんと美しい人たちでしょう…。

そんななか、なんとマフラーさんのコスプレイヤーさんが出現。

ダンスまでマフラーさんと同じくらい上手でした。

「やっぱり、Perfumeのライブは特別ですよ。他のライブで、こんなに早くからファンが集まってグダグダ話していたり、踊っていたりってないですよ。」とスナフキンさん

そうですよ。GW明けの平日火曜日のまだ勤務時間だと思われる時間帯に、わざわざユニフォームを1着だけオーダーするような服を着て新幹線で遠方からくるファンが居るなんてPerfumeくらいなものですよ。

と心のなかで返答したのだった(笑)  その数分後に、もうひとりユニフォーム1着だけをオーダーして着てきたminiさんを発見。背中にはNochi…A~Chanの文字が…

やっぱり、Perfumeだなって思った。

でね、そうこうするうちにちょっと堅気ではない会社のサラリーマン風(ゴメンネ、だってその時そう見えたんだもの)のおっさんが接近してきた。

babachoさんである。アメブロさんたちの集まりに紹介していただいたが、今回は名刺を作る時間もなかったので…ちゃんと挨拶できなかった。

なにより、風体と文体が 非道い と評判の私なので、あんまりお話ができなかったです

本当は恐くないんですがねぇ…

で、特筆すべきは、翌日にはライブに来るのが決まっているのに、なぜか物販だけを購入しにきたと言い張る □ぼっちさん。

チケット何とかできそうですよ。というお誘いがあったのにもかかわらず「オレハ…ブッパンヲ コウニュウスル ノダ…」と

何しにきたんでしょう? 翌日に来るのに… 私の推測では… なんか、可愛い女性とこっそりしっぽりむっつりと二人きりでライブに来たのだと思う。

我々が見ると 減る と判断したのではないか? と勘ぐってしまうほど怪しい行動でした。

絶対に何かあるに違いない。 ブログを確認しても怪しい。□ボッチさんが靖国神社に勤務しているとは到底思えないのだ。



\27さん Perfume好きのJ-POP世代さん ほくさん kirihitoさん てんどんさん J-HOTさん …あと、名前を思い出せない方(ほんとうに失礼ですね)

武道館一日目、楽しめましたか? 

今回はじめてお会いした方々。ほんとうに本当に申し訳ございません。

私、ライブ前の心中は上の空なんです。

早く会場に入りたい! そればかり考えているのです。

ですから、みなさんごめんなさい。

ちなみに ゆりこさん という女性が物凄く美しい方であったことだけは覚えているんです。ドゥフってしまいました。

ライブは 本当の熱気に包まれていました。

二階席で 出島のほぼ真横の一です

右隣の席の方は、ライブが始まる瞬間まで物凄くおとなしくて「オレに話しかけるな」オーラーを発していました。

その隣りの席の女性は、ビール片手にものすごいノッていましたよね~。

左隣の若者三人組さん。開演ギリギリに戻って来ました。で、初めてのライブ参加なのか、ノリ方に戸惑いがあったみたいです。でも充分に楽しんで居られたと思います。

前の席の四人グループさんは、前半で飛ばしすぎて途中でぐったりでしたね(笑)

というか、周辺の方々は本編終了後、即座に着席してしまいました。

そりゃそうだ、物凄く熱くて踊りまくったもんね。

でもね、最後まで、ずーっとおじさんは立っていましたよ。 

そうです、アンコール!を叫び続けていたおっさんです。

おっちゃんね、北海道から来たんよ。

真駒内では、ずーーとアンコールの声が途切れることがなかった。

でも、今回は熱かったもんね。 ちょっと途切れがちになったけど…

有志が頑張って声を限りに叫び続けていた。 ちょっとリズムがバラバラになりかけたけど…

憶えているかなぁ~

一瞬、会場のすべての手拍子が一致して… 物凄く大きな音になって続いたこと…

会場を見渡すとね。すごい光景だったよ。

それが、今回のライブの評価だよね。

まず、今までと違って全貌が見難い座席だったのですが、舞台裏も見えちゃうし、違う角度からのパフォーマンスを楽しめましたよ。

あの、すべての演出をベストポジションで見れたのは関係者性のある南側1階(武道館では2階のことを1階という)席だったと思う。

あそこに座っていた、大◯会長はどんな感想を持ったのだろうか?。

関係者席の方々はスタンディングしていなかったけど… 

せめて、アンコールの時はスタンディングオベーションをして欲しかったな。

それって、最低の礼儀だと思うんだけど…

それに値しないライブだっていうのなら「節穴かぁ!」と三村さんばりに突っ込みたいのですが…

まぁ、いろいろと大人の事情があるのでしょうが、もし観客を大切にするならスタンディングオベーションを率先して良いくらい

物凄く、充実した迫力のあるライブだった。

どうですか、大◯会長。なんなら、海鮮居酒屋「さくら水産」で差しで説教させていただいてもよろしいですよ(笑)

目の前でかつ丼とカレーを二杯ずつ食べて差し上げますよ。


っていうか、MIKIKO先生でさえ一緒に外内外外内外…をやっていたんだよ!

私はその光景を見て、MIKIKO先生がもっともっともっと好きになってしまった。

時系列を全く無視して書いているのですが…

開演前の歩道橋で、MIKIKO先生のお美しい姿とのツーショット写真を見せびらかしていた、おっさん(失礼)がいました。

えっと、もしよろしかったら貴方様の部分を切り抜いてMIKIKO先生の部分だけを譲っていただけないでしょうか?(笑)

っていうくらい、素敵だった。

関係者席じゃなくて、いつもコンソールエリアにいるMIKIKO先生。

「一緒に戦っている!」感がヒシヒシと伝わって来ました。


例のあの曲のメッセージについては、MCではいつも「ぼかして表現」しているのが良かったんだけど…

今回の、武道館の天井 掲げられた日の丸さえも 演出の一部としてとらえることができるくらいになってしまった

例のあの曲

最後の最後 光が消える前に大歓声が起こっちゃったけど… 

まぁ、あそこで歓声が上がっちゃうよね っていうか、曲が始まった瞬間のあの演出で…

私の席の周りの方々から悲鳴に似た感嘆の声が上がった。

今までで一番近い距離で見れたのですが… すごいわ。あの演出。

ライブ後の三者会談(舞台は中国)では、電脳猫さんと珍しく意見が一致したのですが

あの部分だけで「芸術作品」として金賞をとれるぜ! ってことです。

まぁ、「始まりの曲」から「キラキラ輝く曲」、そしてその前の重低音ブリブリつんつんの「あの曲」での演出

まぁ~どれをとっても素敵なんですが…(薬局の店員さん風)

でね、今回、鳥肌が立って本当に涙が出たのが、本編最後の曲ですよ。

この曲は、どなたかがツイートしていたようにiPhoneのCM曲にならなくてよかった

そんな、スマートフォンの世界感なんかより、もっと大きくて素晴らしいメッセージのある曲に感じたのだ。

あの一瞬。スタッフさんも…もしかしたらロープを持って踏ん張っていたスーツ姿の警備員の方も… しつこいけど関係者席以外がひとつになったと思うのだ。

Dream Fighterに続いて、イントロの一音目で涙がウルウルする曲になってしまったのだよ。

カテゴリ: perfume

[edit]

Posted on 2012/05/10 Thu. 12:42    TB: 0    CM: 15

プロフィール

カテゴリ

最新記事

最新コメント

検索フォーム

訪問者数

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック

RSSリンクの表示

QRコード