Perfume to 私 と BABYMETAL

PerfumeとBABYMETALのレフトなファンの戯言

04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06
 

東京漂流記 その2 ■パワーわんこさんの音響システムについての間奏(誤字ではない)■ 

今回 私はいくつかの目的を持ってPerfumeのいる場所(別名東京)を漂流したのだが…

5月30日あの歴史的なライブが行われるという場所で

 すでに開演時間が過ぎているというのに、私はダイバーシティのゼップダイバーの前に雨の中佇んでいた

■博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて香水を愛するようになったか■


電脳猫が持ち込んできた享楽的アナログ通信機器の人格破壊力の凄さについての記録映像をハンディカムで撮影した後、私はある人物を待ち受けていた

もしかしたら、私のことをMk-IIと間違われた方が大勢いたかもしれない

夜の雨のダイバーシティはサイバーな感じをさらに増していて

もしかしたら、フードコートの親父に「二杯で充分ですよ!」と言われていたのかもしれない

私の携帯型通信機器の液晶が連絡してきた人物についての情報を表示した

私は傘もささずに、雨で煙るなか巨大なシップ科学研究所に向かった…つもりだった…

だが…磁場が大きく狂っていたのだろう

軌道衛星からのパルスに影響があったのかもしれない

グローバルポジショニングシステムは大きく狂い、私は雨のなか方向を見失ってしまった

すぐ頭上を、無人運転によるBlack-headed gullが音もなく移動していた

私は音声通話という時代遅れの方法で、彼との連絡を試みた

アナログ音声は、この巨大な港では聞き取りづらかった

約束の場ではSIGNALが点灯していて

巨大なカーゴが行き交いしている

その隙間を極彩色の模様に彩られたTAXIが移動している

この広大な空間で、私は完全に自分の居場所を見失っていた

彼に会うことができるのだろうか…

そこへブルーの移動体が滑りこむように走ってきて停泊した

ハザードランプが私を導いてくれる…

【  えっと面倒くさいので、ここからは普通に書きます 】


----------------------------------------------------------------------------------------------------

つまり、30日にパワーわんこさんのカーオーディオシステムを堪能させていただくために

無理を言って、仕事帰りのパワーわんこさんにダイバーシティーにまでお出でいただいたのだ

■パワーわんこさんの音響システムについての間奏(誤字ではない)■

本編を読む↓
-- 続きを読む --
スポンサーサイト

カテゴリ: perfume

[edit]

Posted on 2013/05/31 Fri. 18:56    TB: 0    CM: 3

東京 漂流記 ? その1 

あまりにも書くことがいっぱいありすぎて…

まずは、

■どうして彼(私)は対バンフェスに参加できたか?!■

今回は5月26日のメトロックも参加予定ではなかったのです

しかし、当初考えていたモキュメンタリーの計画が座礁しそうになったので

まずは、素材だけでもとりあえず撮影していこう! と考えて申し込んだら

当選した

フェスでの映像は録ることも出来たのですが

そこは、考えていなかった

フェスに行って、対バンフェスの音漏れ組の姿を撮影したかったこと

そして、多くのファンの楽しみ方の撮影のためには一週間必要と思って準備を進めていた

ところが

色々考えるところがあり(違う機会に書くことにします)

Worldtour1stDVDを観たら

「あれ? 俺って結局ファンクラブTOURでしかライブハウスを体験していないじゃん。」

「しかも、ファンクラブツアーってライブって言っていいのか?」

って思っちゃった

台灣への撮影行きの雲行きも怪しくなり

ロンドに行くことも計画したが…

うーん 音漏れ組?は30日に撮影できる

できるならばライブハウスの中に入りたいと思い始めた

それを人は罪と呼ぶのだろうか?



オークションやチケット業者のサイトを観ると…

非道い… 

絶対に手を出さないと決めた

でも、行きたい…

そこで

「チケット Perfume 」で検索した

Perfume チケット掲示板

すぐにメールが来た。

この画像での日付と時間は、1日経っているが…書き込んですぐにメールが来たのだ

メールの内容は

sono3.jpg

そこで、やっぱり友人を優先して欲しいという気持ちもあったので

次のように返事しました

sono2.jpg

まぁ、よく知ったもの同士で行くのが一番楽しいでしょうし

ライブにいったことがない人にぜひ行って欲しかったので

手に入らなかったら、それでいいと思っていました

ところが、折り返しすぐに返事をいただきました

「これも何かの縁であると信じて、あなたにお譲りします」という返事でした


そして…当日

えーっと、わかりやすく説明すると(悪口じゃないですからね)

その筋の人 あるいは業界の人 って感じの方でした(悪口じゃないですよ!)

気さくな方で、初めてのPerfumeライブでかなり興奮されています

「Tシャツに着替えた方がいいの?」ってまるで子供のようです(笑

でも、凄く楽しそうで ニコニコしています

フードコートに集まっている、たくさんのファンの知り合いに紹介して

一緒に、入場の列に並びました

もう、ウキウキしています

あ! 菊タローさんみたいだ って心のなかで思っていました

「ハードル上げまくっていいですよ。絶対に彼女たちは超えてきますから。」

そう言った私の声も聞こえないみたいです(笑

詳しくは http://blogs.yahoo.co.jp/moonbow2002kk/64451272.htmlにて

そして…会場に入ったら前に突入するというので 離れて参加することになったのですが

ライブ終了後の軽い呑み会での彼の興奮具合で満足度がわかります

多分…いや…完全にPerfumeファンになっちゃうましたね

ネットを通じてしチケットを融通してくださったわけですが

多分、これから先 どこかのライブ会場で彼に再会できると思います

kinta さん 感謝しています

そして Welcome to Perfume World

カテゴリ: perfume

[edit]

Posted on 2013/05/31 Fri. 14:58    TB: 0    CM: 2

対バンツアーで感じたこと 

現在、私…パワーわんこさんの超絶すげーカーオーディオシステムを聞かせていただいた後、渋谷まで送っていただくという暴挙に出まして…

いざ、夜の撮影を始めようとしたら… まさかのカメラの電源がなくなり…さらに携帯電話も電池切れ

雨が強くなってきたので、今晩のねぐらを探すために、とりあえずビールと餃子

そして、近くのインターネットカフェに逃げ込んだのであります

さて、ネタばれしていい時間帯なので(国際法で決められた標準時間を過ぎたので)、ちょこっと感想なんぞを書いてみようと思うのであります



ネタばれがいやな人は…ここから先は読まないように

いや、読んでもあまりタメにはならない内容だと思います…








まず

インターバルが長いとお嘆きの方

あの

対バンなので、あの程度の時間だと早いほうだと思うのでゲス

しかも

ぜんぜん毛色の違う出し物なので

あれくらいの間がないと、余韻も楽しめんばい

今日は短かったかどうか知らないけど

余韻と次の期待感のわくわく感を感じる時間は必要です

それに

最後のあのネルシャツとジーンズのホットパンツ or ミニスカートに着替えたので

あの時間は必要です

にしても

かわいかった三人

それだけで、対バンの意義がございました




まず、最初の曲の演出

すごかったですねぇ~

あのスクリーンの形を最大限に活かした映像でしたね~



あの新曲を一番最初にやるってどうなのよ

ありです

斉藤君の世界観からあの一曲でワープしました

え?
どこにって?

Perfume Worldでんがな


もーね

惜しげもなく あんな曲やそんな曲



読んでいてもなんの情報もないブログでしょ


だってね

おじさんはもう疲れたよ

パトラッシュ…


第7天国から天使が三人… ネルシャツでジーンズ生地のホットパンツとミニスカートだよ

だから

おじさんは

この場所で… ネルよ…


結論

対バンフェス…

10億点です


今迄で最新で最高で

ちょーかわいくて

生バンドによる生歌が聴けて

みんなで一緒に歌えて

最高だよ…パトラッシュ…

ねるよ…

カテゴリ: perfume

[edit]

Posted on 2013/05/30 Thu. 23:18    TB: 0    CM: 4

現在、Perfumeがいる東京にいます 

メトロック終了後、東京をウロウロしています

コメント返信できなくて申し訳ないです

カテゴリ: perfume

[edit]

Posted on 2013/05/28 Tue. 14:33    TB: 0    CM: 1

WorldTour1stDVDを観て、思い出したこと 

例えば…

広大な森の奥で

あるミュージシャンが

素晴らしい演奏をした

とする

だが

誰も聴く人はいなかったとしたら

それは素晴らしい音楽といえるのか?


その昔、ジェニーはご機嫌ななめのあ〜ちゃんコールを

お願いだから、あ〜ちゃんの歌が聞こえるようにコールを変更して欲しいという申し出をメンバーがした

そう

彼女たちは音楽を聴いて欲しい 届いて欲しい と思ってパフォーマンスをしているのだ

別に、自分たちに注目して欲しいって思っているわけではない

自分たちのやっている音楽に注目してもらうためのパフォーマンスなのだ

その昔

アイドル(日本で言う)の応援で 歌っているアイドルに背を向けて

観客にむけて特殊な踊りをする という行為を観た時

こういう音楽の楽しみ方もあるのかぁ…と、受け流していたが

いや、これは音楽の楽しみ方じゃなくて、「アイドルを楽しんで」いるんだ

とすぐに思い直した

もし

今も、Perfumeの会場で

音楽の演出のための照明などの演出を無視して

光モノを振りかざし

曲の途中にもかかわらず、誰かの名前を大声で叫んでいたりしている人が多ければ

興ざめだ

いや、一緒に歌うのは良いのだ

歌とは本来そういう芸術なのだ

集まった人たちが一緒に歌う

同じ動きで踊る

それが音楽という芸術の持つ特殊性だ

エレクトロ・ワールドのoi oi oiコールも

観客による間奏にまで昇華している

またポリリズムの間奏のハンドクラップも

曲の一部になってしまっている

それが音楽という芸術の面白い所でもあるように思う


台灣 香港 韓国 シンガポール どの会場でも光モノは観客席にはなかったように見えるし

彼女たちの歌が遮られるようなコールもなかった

国境なんてものを

軽く越えて

会場に集ったみんなで音楽を楽しもうとしている

あの時期の国際情勢を思い出して欲しい

そんな、くだらないものなんて存在しないような世界を作り出している

これを音楽と言わず

なにを音楽というのだろう?


まだ

聴いたことがない音楽が

CDで百万枚以上流通している

それはアイドルを楽しむという方法論では アリ だろう

だけど

私が好きなPerfumeのCDの売上は

10万人に到底満たないけど

その音楽で心が揺さぶられ

新しい発見ができる音楽への期待値としての初動枚数だと思いたい

ベース音だけじゃなく、イヤホンやPCや携帯の貧弱なスピーカーでは聴き取れない細やかな音楽表現

それを聴くことが出来る環境であれば

今回のシングルCD 

1500円の価値は十二分にある

いや

この音楽をどのように表現していくか

ライブで観衆たちはどのような音楽に昇華していくか

それを考えたら

1500円なんて安すぎる

素晴らしい音楽のCDと

そうでないCDが同じ金額っておかしいよねっていう話が昔あったね


さて、テクノ野郎 ロック小僧 ファッション兄貴達と

どのような音楽をつくり上げるのか

日本やアジアと同じなのか

それとも、ヨーロッパテイストいっぱいの音楽を創りあげて

またまた新しい境地を私たちに魅せて(誤字ではありません)くれるのか

楽しみである

カテゴリ: perfume

[edit]

Posted on 2013/05/25 Sat. 07:36    TB: 0    CM: 0

Handy Man は化けるぞ! 

何かのインタビューで「中近東っぽい」っていう意見があったので、それに引きずられそうだが

なんの、これは南アジアあるいは東南アジアっぽいと感じる

セラミックガールで、日本音階のような節回しにびっくりして、GAME発売時には

セラミックガールをヘビーローテーションしまくった


さて、

Magic of Loveが「どなんまか」の曲というのも納得できなかった

間奏だけで5億点でしょう 

Instrumentalと歌入りを聴き比べればわかりやすでしょう

Instrumentalだけを聴かせて、Magic of Loveって分かる人はまずいないと思う

初めに歌入りを聴いているから、脳内でメロディーが補完されたり強調されるだろうが

なにが「どなんまか」なものか! 

こんなのJ-POPのどなんまではない

いや、世界のポップスの王道でもないだろう

Perfumeさんが、日本のかっこいい音楽を届けたい!って海外に出るのだが

日本のポップスシーンにおいては、こんなもん異質でしょう

きゃろらいんちゃろんぷろっぷきゃりーぱみゅぱみゅさんの曲とも違う

今のPerfumeだからこそ出来る音楽だと思う

ぜんぜん、Perfumeにとって「どなんまか」なんかじゃない

ましてや日本のポップシーンの主流ではない

こんな曲でチャートで3位をとれるのが不思議なのだ


そして、それをさらに発展させたのが「 Handy Man 」

歌のメロディーラインによって中和されているが

この曲をヨーロッパ・ツアーのオープニングに持ってきたらスゲーよ

たぶん、ロック小僧やテクノ野郎やファッション兄ちゃんをノックアウトできるよ

っていうか、この曲が日本のポップ音楽シーンで大ヒットしてもぜんぜん不思議じゃない

私のこの意見に納得出来ない方

試しに、ベース音をちゃんと再現できる環境で聴いてみてください

カテゴリ: perfume

[edit]

Posted on 2013/05/24 Fri. 17:00    TB: 0    CM: 4

DVD PerfumeWorldTour1nd は凄いぞ! 

私…ナメていました

甘く考えていました

だって東京ドームやさいたまスーパーアリーナの超大会場での演出を観て来たんだもの

フェスでの何万人もの熱量の中でPerfumeを見て参加してきたのですから…

ナメていました

海外でのライブハウスでの映像

しかも、発売の予定がなかったという…

GAMETourライブも発売予定がなかったDVDですが…

あの頃は、まだBitter映像しか知らなかったから…

まぁ、GAMEDVDは映像が始まって、0.001秒で完全に持っていかれましたが

今回は

少ないとはいえ、ライブには参加して最新の演出を堪能している

確かにファンクラブTOUR1053 でのライブハウス映像も鳥肌モノですが…

あれから、Perfumeさんはどんどんビッグになって…

東京ドームを超満員にして芸術的にも賞をいただく演出で…



とにかく、ナメていたわけです

海外でのライブハウスでの演出については…

あの…

ごめんなさい

許してください

ナメていました

edge 

今までの大会場での、どのedgeよりもカッケーのです

撮影の仕方 編集の仕方ではありません

そこでやっているパフォーマンスが最高にカッケーのです

なに? 

あんな凄いものを ライブハウスでやっちゃったの?

DVD購入してよかったです

大変なものを見逃すところです

ブルーレイじゃないとダメとかいっている人

そんなの関係ないですよ

これ、VHSビデオでしか販売していなくても購入するべきです
(ビデオデッキを手に入れてでも)

そして

メイキング映像を観た後に

もう一度、本編を観ると…

こいつら、ホンモノや! と確信を持てます

こいつら、ヨーロッパTourで、もっと化けると思います

いや、その前に韓国でULTRA Music Festival での経験で大きく何かが進化するでしょう

そして、それと対極をなす対バンツアー

そこでの経験も彼女たちの経験値をさらに大きくするでしょう

やばいですよ

ほんとうに、こいつらヤルかもしれないです

いや やるでしょう

ほんと、ナメてました ごめんなさい




カテゴリ: perfume

[edit]

Posted on 2013/05/23 Thu. 17:43    TB: 0    CM: 2

プロフィール

カテゴリ

最新記事

最新コメント

検索フォーム

訪問者数

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック

RSSリンクの表示

QRコード