Perfume to 私 と BABYMETAL

PerfumeとBABYMETALのレフトなファンの戯言

11« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01
 

一年の計は大晦日じゃろうぉ〜(^_^) 



あのクリスマスの出来事が終わってから… 

「一体何だったのか?」という思いが深まっております



で、今年のPerfume to 私を 計してみます


まずは、世界のドラえもんの主題歌ですよ

まさか、50歳を軽く越えたおっさんが、一人で劇場でドラえもんを観て… 泣くとは思わんかた

あの鈴のシーン… 「君は…いいやつなんだよ…」  

実はドラえもんは苦手だったんですよ…でも、どん嵌まりでした

そうそう、こんなものも作りました


さてさて、対バンはチケットもないのに東京一日目に参加 のつもりが、チケットを譲ってもらえることになり急遽参加

昼にはグエンゼップさんとGAME-edge博士と、聖地巡り…

喫茶カームやBee-HIVE寮など… 女性限定ライブを行った例の場所などなど…

超絶美少女とおっさん連中(^_^)との出会いもあり…

夢のTOWER RECORD渋谷店で、Perfumeノートも確認しました

二日目はライブが行われている時間帯に、パワーわんこさんのカーオーディオ試聴会をマンツーマンで参加

音楽に対する考え方に衝撃を受けた夜でした

対バンの内容は、 大好きな斉藤和義くんと「歩いて帰ろう」大合唱なんて夢のようでしたよ

そういえば、その頃に東京のなんちゃらっていうフェスに行って

京都のはんなり美人と出会いました

BABYMETALのライブも初めてみました



さて、あのカンヌの衝撃ですよ

あれも今年の出来事です

真夜中に叫んじゃいましたよ  あんな凄いものを披露してくれるなんて思っていなかったもの

そして、それをヨーロッパ・ツアーで披露しちゃうんだもん

ライブビューイングでは、多くの方と知り合いました

これが、のちの道民会に発展するきっかけとなるのです

メジャーデビュー8周年記念イベントで北海道の方と知り合い…

ロッテリアでLEVEL∃発売記念イベントをやろうって決心したのでした

そうこうするうちに、LEVEL∃の衝撃ですよ

これは、ここ十年の大事件ですよ!

そして…ついに東京ドームです

この他にもさまざまなことがあった一年でした



スポンサーサイト

カテゴリ: perfume

[edit]

Posted on 2013/12/31 Tue. 10:27    TB: 0    CM: 4

評価されるということ 

日本の教育制度では「間違っていない」ということが評価される

この考え方のおかげで、日本の工業技術は世界の先端を行くまで高められた…ともいえる

しかし、これは価値観の柔軟性を失う危険性も大きい(おやおや、どうした?このブログらしくないぞ)

「間違っていない」と「間違ってはいけない」さらには「間違いそうなことをするのはいけない」が混同されるのだ(偉そうな口調でんなぁ)


今回のPerfumeさんのライブは、ものすごい冒険だったと思う

まず、全てのタイミング

巨大球体の真上に登場後に映像での演出

その間に三人はあの花道の中を高速移動

あの3つの卵が膨らむのだって

それが割れて登場するのだって

曲が終わり、一瞬で(本当にそう感じた)出島から巨大球体の中に戻って

あの巨大球体が開いていく…

書き出すときりがないので、ここらで止めておくが

Perfumeの三人が言うように

バックでのスタッフの尽力は想像を絶すると思う

照明のタイミングだって…

なんで、そこまでこる必要が有るの?

だって!たった6500円のライブだぜ!

そんな、当日に3Dスキャンするなんて

データの使い回しでいいじゃん

(ちなみに私がスキャンしてもらった時は、真鍋大度くんがMacBookの前に座っていました)

つまみ上げた3Dデータの観客を、チケットで照合してスポットライトで抜くなんて…

Spending all my timeのプロジェクションマッピングだって、わざわざ出島の先で360°投影でやる必要ないじゃん

三人が前方に行くたびに、照明の柱がせり上がってきて後方からの光の演出なんて

照明を出しっぱなしでいいじゃん!

なんで「虹のかけ橋」が動いているのに花道には凹みがないのよ

どうやっているのよ!

前回の東京ドーム「夢のガタピシPerfumeカー」でいいじゃん

なに!あのデザイン あのクオリティ 4回しか使わないのですよ

風船にメッセージなんていらないじゃん

手を抜こうと思えば、いくらでも抜くことができるじゃん

だって!たった6500円のライブだぜ!


間違えないように、

何度も何度も何度も

間違えないように

練習を繰り返し繰り返しして、

本番では間違えることを恐れないで大胆に挑戦したからこそ、

あのドームでの超大作を完成させたと思う

PartyMakerのパフォーマンスなんて、どれだけ凄いことをやってんねん!

大型スクリーンのビジュアル効果も、背景との融合など超絶かっけー! だぜ!

こんなもんライブじゃなくて現代アートであり、最新鋭テクノロジーの展示会やないかぁ〜


なにより

LEVEL∃という、現在の日本の腐りきったポップシーンに衝撃を与えるアルバムを発売し

アルバムコンセプトを忠実に再現するライブをやりきった!

(LEVEL∃以外の楽曲も、その流れや披露する場所などで意味を持っていて、LEVEL∃を表現するためには不可欠だった)

三人がDreamlandで出島に登場した

そこからのシークエンスは…  完璧だった

衣装が光っているのよ…翼がゆらゆらと揺れているのよ…



!たった6500円のライブだったんだぜ!



このライブはDVDやテレビなどでは絶対に伝わらない

伝わるのは…せいぜい30%ほどでしょう(^_^)

翌日のワイドショーでの紹介でも、プロジェクションマッピングの部分しかとりあげられなかった

だけどね

プロジェクションマッピングなんてPerfumeにとっては最新鋭技術でもなんでもないんだ

彼女たちはさらに先を進んでいる

失敗を恐れず

金に任せて大仕掛にするのではなく

誰にも気づいてもらえなくても

一切の手抜きをせず

笑顔で…


世間の「評価」は後からついてくる?

どうでもいい

あの日、ドームでライブを観た人たちを

「間違いなく」魅了させたのだから

カテゴリ: perfume

[edit]

Posted on 2013/12/30 Mon. 06:51    TB: 0    CM: 4

「せっかく東京に来たのなら・・・ 東京ベイエリアを見つめながらPerfumeと中田氏が織り成す響きの世界を身体に浴びてみませんか 」オーディオ試聴会の感想 

12月26日羽田空港の近くで、パワーわんこさん主催の「「せっかく東京に来たのなら・・・ 東京ベイエリアを見つめながらPerfumeと中田氏が織り成す響きの世界を身体に浴びてみませんか 」オーディオ試聴会 に参加させていただいた

9時半ころから移動して、4時頃まで…

男四人が自動車の中でひたすら高音質のカーオーディオを体感しまくる 

昼ごはんはコンビニの弁当やオニギリである

ただただ聴きまくる

たかがカーステレオでしょう? と思ったあなた  ふぉふぉふぉ…

知らないということは無知なことです(^_^)

あのね…我が家のヘッドフォンはそれほど高価ではない

たかだか四万円ほどのヘッドホンですが…

比べ物にならない…

「耳ではなく身体で感じる音がある」と解説をしていただいた

Dreamlandなんて…無茶苦茶すごいですぞ

まぁ、Perfumeの曲をインディーズ期のものからSweetRefrainまで…

どれもこれもすごい仕掛けをしている

YMOや遊佐未森などの楽曲も聴かせていただいたが…

やはり

ヤスタナカタス氏は次元が違うわ

CLUBで爆音で鳴らすのを前提にして楽曲を作っている

身体全体で感じる音楽…

確かにライブ会場だと再現性は低いだろう

東京ドームなんて最悪な条件を揃えている

それでも… 前回、試聴会に参加させて頂いて強く思ったことがある

どんなに再現能力が低くても、そこで鳴っているのは中田ヤスタカ謹製の作品なのだ

聴こえなくても、彼女たちは表現してくれている

ようするに感性が低いと、どんなに高音質であっても聞こえない

感性が高ければ、脳内で補完して聴くことができるっていうことだ

ただ、CDに記録されている内容を十分知っていないと補完のしようもない

うーん カーオーディオは無理かもしれないので、電気屋のAVコーナーにCDを持って行こうと思っている

…気がついたら、超高給オーディオシステムのローンを組んでいたりして… いや…それは無理だ^^;

カテゴリ: perfume

[edit]

Posted on 2013/12/29 Sun. 21:13    TB: 0    CM: 2

12月24日の特別感 東京ドーム公演「LEVEL∃」 

まずは、マイク無しで3人が呼び合った後に、会場全員で3人それぞれの名前を呼んだ

それが、あの東京ドームでズレることなく声が揃ったのだ

そして、ドームがワンワンワンと共鳴したのだ

さて、この日はかしゆかの誕生日の翌日ということで

全員でHAPPY Birthday to kashiyuka を合唱した

こちらも、音のズレは一切なかった(アリーナで聞いていると反響でズレた感じがしたかもしれないが…)

4万5千以上の人に、この歌を揃って歌ってもらう人間なんて世界にそうそういないだろう

しかも、ドームを共鳴させたのだ

四日間の公演の中で、唯一、かしゆかが「ドラえもん」の真似をしたのも24日だ

カメラが入っていなかったのが残念だ

あの日、東京ドームにいた人にとって、最高のプレゼントだった

カテゴリ: perfume

[edit]

Posted on 2013/12/29 Sun. 18:47    TB: 0    CM: 2

三人はプリキュアだった! 

21184720.jpg

小さな女の子がサンタのコスプレをしてお父さんに抱っこされたり、ぴょんぴょん飛んで…

ぐるぐるぐるぐるぐるぐる ふぉー! をきゃっきゃ言いながらやっていました

三人が最後に変身して翼を持った瞬間

小さな女の子は、口に手を当てて身動きしなかった…

風船が舞い降りてきたとき…

少女はちいさな手を空に伸ばした

残念ながら風船は届かなかった

それでも、満足そうにしていた

おかあさんもおとうさんもPerfumeTシャツだった

クリスマスの夜

こんな素敵な過ごし方をした少女

一生の思い出になったのではないだろうか?

カテゴリ: perfume

[edit]

Posted on 2013/12/29 Sun. 15:18    TB: 0    CM: 0

KISSの名言をお借りして、DOMELIVEを表現してみる(^_^) 



KISSが好きで学校をサボって大阪から深夜バスで武道館に行ったのですが…

今回は、そんなKISSの言葉をお借りしたい

◯この世で最大 最高のショーはKISSであるべきだったが…Perfumeが更新してしまった

◯彼女たちは最高に努力しているガールズユニットだ

◯スニーカーでダンスするほうが楽に決まっている

◯彼女たちは準備に凄く時間をかけている

◯しかも自分たちのしていることを最高に楽しんでいる

◯最高のグループで、3人が揃えば無敵だ

◯どんなバンドもお金をかければ大きなショーはできる

◯でも…絶対にPerfumeのようなライブは出来ない 

◯しかし、反対に誰もがPerfumeになれる! 絶対にだ!


今回のライブ…ドームで披露された芸術作品

衣装もKISSほどではないが(^_^)、非常に凝ったものだった

着替えのために時間を取るなんてことは一切なく

早着替えをサラリとしてみせて

広大なドームを縦横無尽に動き回り

観客との一体感はKISSには真似できないLEVELです(^_^)

口から血を垂らしたり、火柱が上がったり水柱とか花火とかギターを壊したりは全然ないけど

身体を駆使してみせたPartyMakerのパフォーマンスは圧巻でした

あれを真似しようと思っても誰もできません

MJもマドンナもガガも真似できません(だって三人じゃないから(^_^))

今回、Spending all my timeのプロジェクションマッピングも

「あれは、小さな会場でしかできないから〜」と本人たちが言っていたのに…

完璧でした

360°全方位マッピングでした

なにより、スクリーンに映し出される映像の美しさ

多分、スクリーン映像だけでDVDを出しても売れると思います

ぜひDVDでは特典付録にして欲しい

今回は照明も無茶苦茶凝っていました

っていうか、全てにおいて無駄が一切ない

それでいて作りこまれた感じがない

さらりと凄いことをやってみせてくれました

ジーン・シモンズさん 今回のPerfumeのドームライブを観て猛勉強して下さい(^_^)

カテゴリ: perfume

[edit]

Posted on 2013/12/29 Sun. 08:51    TB: 0    CM: 4

私なりの手拍子問題の解答 

結論から言うと  ドームツアーLEVEL∃公演の手拍子…

良かったと思います

まず、ドームで5万人の手拍子が 合う

開演前の手拍子や、MYCOLOR終了後の拍手はバラバラなのに

Perfumeが登場し、音楽が始まると手拍子がしっかりと合った

それはPerfumeという軸がドームを包み込んだからだと思う

ペンライト?サイリュウム?やタオルや団扇を持っていないからこそできる手拍子であり

踊りを知らない人や、Perfumeと空間を共有したいと強く願う者にとって

あそこでの手拍子は、違う意味を持っていました

テレビ番組の観覧者がやる手拍子とは全く違う意味を持っていました

その証拠に…PartyMakerで 三人が手をかざすと 手拍子は消えました!

MYCOLORでも手拍子はありませんでした

今回のLIVE

LEVEL∃LIVEはメタモルフォーゼの儀式です

Perfumeはみんなの愛からできている

そして、それは飛翔する力となる 

最後のコクーンのメッセージ


ですから、今回のLIVE…いや…芸術作品には手拍子が必要だったのです

アリーナしか体験していないとわからなかったでしょうが…

あの手拍子は 東京ドームを揺らしていました

ズレが全くなく、全ての手拍子がズレないので反響となっていたのです

(アリーナではその反響がずれているように聴こえました)


ともかく…

間違いなく、今回のメタモルフォーゼの儀式は、あの会場のすべてのものの作品参加が必要だったと思います


異論は認めます(^_^)

カテゴリ: perfume

[edit]

Posted on 2013/12/28 Sat. 17:17    TB: 0    CM: 4

プロフィール

カテゴリ

最新記事

最新コメント

検索フォーム

訪問者数

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック

RSSリンクの表示

QRコード