Perfume to 私 と BABYMETAL

PerfumeとBABYMETALのレフトなファンの戯言

09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11
 

あのシーンに嫌悪感を感じた人達へ 

最初に書いておきます

私も、あのシーンに嫌悪感を強く感じます 



ここからはある方の記事に対して
(リンクは張らないでおきますね。)

反論ではなくて、私はこんなふうに感じましたというコメントがわりです。



 あの嫌悪するシーンは、監督が意図したものだと思います。

 スパイスのPVには、人が本当に心の底から嫌悪してしまう部分を挿入する必要があったのでしょう。

 逆にいうと、あのシーンに嫌悪感を感じることができない人には、あのPVでいうスパイスというメッセージが届かないのではないでしょうか?

 だから、あのシーンのケーキが作り物であるかどうかはどうでもいいことです。
 ただセピアピンクの世界での食べ物である必要があったのでしょう。しかも女の子が好きであるケーキである必要があったのでしょう。

 PVだからといって心地よいだけのものや美しい楽しいものだけを表現するものとは限りません。

 今回のPVを関さんが撮ったのならば、撮り直したり、違うPVに差し替えたりといったようなご意見に賛成できるかもしれませんが、違う監督が新しい表現として挑戦したものなんです。(逆にいうとそれが関さんの限界でもあり良いところでもあります。)

 島田大介監督は人々が嫌悪するシーンを挿入する事でメッセージが強く伝わると判断したのでしょう。

 もっと具体的に書くと、あのシーンはPerfumeの三人に「絶対にして欲しくない行為の象徴」ととることできるのです。

 与えられた整えられた小さなテーブルの上で、これからも三人が踊れば、いろいろと軋轢も起こります。

 Perfumeとして存在し続けるには その絶対にしては行けない行為をしてしまうかもしれない。

だから、勇気を出して扉の向こうの世界へ

 壁で囲まれていない広いカラフルな世界へ

 それは全く違う世界 だから いままでいた世界JPNを否定するものではない。

 だから、最後に今までの世界を覗き込んでいる三人の表情も暗くはない。

私はスパイスのPVをそんなふうに解釈しています。

以前にも書いたように、このPVはスパイスという曲だけではなく

今のPerfumeと言う存在を表現してていると解釈できるのです。


だから、もしここでPVを差し替えたりあのシーンをカットしたりモザイクを入れる事が…

Perfumeに絶対にして欲しくない行為にあたってしまいます。

私はあの三人が普段の生活で食べ物を粗末にするなんてことはありえない事を信じている。

そしてあの強く嫌悪感を感じるあのシーンはあくまでも芸術活動の一部であると理解しています。
関連記事
スポンサーサイト

カテゴリ: perfume

[edit]

Posted on 2011/11/09 Wed. 12:57    TB: 0    CM: 11

この記事に対するコメント

同意

あのシーンは、かなりドキリとしました

おっしゃられる通り、私も、Perfumeだからこそ、意味ある演出だと思っています

ただ、正直言うと、自分が淡白な性格、もしくは経験値がないためか、「ここまで騒ぐことなのか?」と思ってしまいます

ドラマや映画、漫画、小説では、物語上、演出上、人が死んだり、殺されたりしているのに…



あくまでも、主観的、意見です

URL | def74 #mQop/nM.

2011/11/09 20:47 * 編集 *

そうですか。そういう議論があるのですか。

確かにあのケーキと思しきものを踏みつけにするカットには生理的な嫌悪感、
のようなものを感じます。と、同時に何故かワクワクするような不思議な感覚や、
密かに踏みつけにする足の美しさに目を奪われてしまってもいます。

一つの表現には人によって様々な感情が湧き起こるのだと思います。
本当に嫌悪だけ? ドキドキはしなかったの? 私は不遜にもそんなことを
思ってしまいました。食べモノは粗末にしない。人がイヤがることはしない。
確かにその通りです。でもそれを錦の御旗のように振り回す人のまわりには、
私は居たくありません。
もう少し度量のあるものごとの愉しみ方をする人に、私は惹かれます。

URL | チョービギナー #h7JsBsjs

2011/11/09 21:37 * 編集 *

いえいえ…

私が今回、読んだ記事を書いた方は、決して錦の御旗のように振り回しているわけではありません。
 実際に、震災の影響で食べ物を手に入れる為に非常に苦労を経験された方の記事です。今回の震災の傷が深く残っている今に、わざわざこのような表現をとる必要がなかったのではないかというご意見だったと思います。
 全くその通りで、島田大介氏はそこまで震災に遭われた方々の気持ちを汲む事ができなかったと思います。ただ、それは責められることではなく、ましてや発表された作品の評価が左右されてもいけないと思うのが私の意見です。
 震災以前だったら? 他の国の監督だったら? そして食べ物ではなく殺害シーンだったら? こういった芸術作品にはタブーとの鬩ぎあいを避ける事ができないわけです。 逆に、震災後で食べ物に関して意識が高い今だからこそあのシーンを入れたと考える事もできるわけです。

 食べるモノが、食べると危険なモノになって足で踏みつぶさなければならないという状況を表現している…と、とることもできるわけです。

 同時に禁断の行為にエロチックな部分を感じるということもあるのでしょう。

 監督が意図したのは別のところにあるかも知れませんが、PVを観た人達があの部分に嫌悪感を感じないとしたらそこが問題ですね。


 

URL | セラミックおじさん #-

2011/11/09 21:54 * 編集 *

なるほど。そういったことなんですね。

セラミックおじさんさんが紹介して下さった記事の背景がようやくおぼろげ
ながら判ってきました。なるほど。

>ただ、それは責められることではなく、ましてや発表された作品の評価が
>左右されてもいけないと思うのが私の意見です。

まったくおっしゃる通りだと思います。
あらゆる表現行為はその意味のみに囚われているうちは、本当の鑑賞にはならない、
その表現がどうなされているかを鑑賞することこそ、エンタテイメントの醍醐味だと
私は考えています。そうですか。今回はいろいろなことを考えさせていただきました。
ありがとうございました。

URL | チョービギナー #-

2011/11/09 22:18 * 編集 *

セラミックおじさん
はじめてコメントしますneccoと申します。

私はこのシーを見て嫌悪感をまったく感じませんでした。
これを見て感じたことは「過去と決別したいのだな」と勝手な解釈をしたのです。
あくまでもクリエーティブな表現の一つと感じた次第です。
たぶんこのPVのモチーフは彼女達がある程度描いたのじゃないかと感じています。
セピアピンクはおなかおっぱいのドームまで、金魚鉢?(だと思う)はJPN。
バックコーラスもJPNと言ってますし。
しかし「金魚鉢」とは意味深ですね。大海ではない。
彼女達の微妙な感情が感じ取れますね。
でも私には本当の「スパイス」は届かないかもしれませんが。

URL | necco #-

2011/11/09 22:44 * 編集 *

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| #

2011/11/09 22:59 * 編集 *

う~ん

張本人(?)です。

ご意見拝読しました。

何の意図もなくあのシーンを入れたとしたらその無神経さになおさら立腹せざるを得ませんが、確かに何らかの意図があることは感じました。ただ、それが具体的に何であるかがわからないのが何とももどかしいです。twitterで件の提案をした方が本人に直接確認したときの解答からも何らかの意図があったことがうかがえます。(恐らくPerfumeも含めた)関係者と念入りに話し合って決めたそうですから、軽はずみに入れたものではないことは確実です。しかし、あの文章から具体的な意図を読み取ることができなかった点も よりもどかしく感じています。

中田ヤスタカは故意に耳障りな音を楽曲に混ぜ込むことがよくありますが、それによって生じる緊張感とそれに続く解決が全体の盛り上がりを醸成していると感じています。ポリループの後の間奏からAメロにつながる流れは、その典型だと思います。

残念ながら、あのシーンについてはそういう意図がいまだに理解できずにいます(あまり積極的に観ようとしないのも一因ですが)。

結局、私としては、この件を、善悪の問題でなく、食物に対する価値観の違いとか芸術作品に対する感性の違いといった、個人差の問題である、と結論付けることによって、自分の感じているモヤモヤを解決させるしかないと考えています。

ただ、この記事で、凝り固まっていた視点が少しズレて、ほんの少しだけですが違う角度でこの件を見つめることができたような気がします。どうもありがとうございました。

URL | massasue #-

2011/11/09 23:01 * 編集 *

純粋な子供たちには見せたくないPVになってしまった

深い意図、隠された意図があるにせよ、
誤解を招く可能性がある表現であることは間違いないと思います。

「幸せな物語を紡いでいる3人にあのような表現をさせて欲しくなかった」
「純粋な子供たちには見せたくないPVになってしまった」
という思いをぬぐいきれません。

私の理解力が浅いだけだとは思いますが、残念です。

URL | P120548 #-

2011/11/10 00:04 * 編集 *

私は

初めて観たその瞬間には
「うわー、大丈夫かこれ。」
という感想でしたが、一番最後のパステルピンクの飴まで観て、
パステルピンクの世界とフルカラーの世界は表裏一体で
見方(飴orスパイス)によってそれが善か悪かなど
評価できるものではないと言う暗示なのかと思うようになりました。
しかも、彼女らはパステルピンクの飴には手を出さない。
「ああゆう世界もあるけど、うちらはこっちだよね。」と。

更に何回も見てゆくと、パステルの世界では件の
グニャリだけでなく、悪行三昧なんですよね。
テーブルの上で踊っていいのはベンジャミン伊東だけです。
テーブルで寝てはいけません。
食べ物を投げてはいけません。
ヘッドフォンしながら食事してはいけません。
古い奴だとお思いでしょうが。

私としてはあのグニャリな物質だけが象徴的にとらえられてしまう事が
ちょっと残念だな。と思っていて、でも
色々な方のご意見を参考にしつつ心のもやもやを消化していきたいと思っています。
そういった意味でセラミックおじさんの解釈は私にとって光です。

URL | なおっち #.U.MQjGI

2011/11/10 00:09 * 編集 *

はじめまして

このMVで感じたものは嫌悪感ではなく違和感でした。色彩の欠いた風景、絵のない額縁、水槽の中の金魚の位置など、この映像は違和感だらけです。一通り見終わって感じたことは「気づき」だと思いました。何かの変化に気づいて行動する事で違う世界が見える。という事。ケーキを踏む行為は普段見ない事なので違和感を感じます。普通の意識では踏んではいけない事に気づくはずなのに、気づけないで踏んでしまう。りんごも普段であれば投げる事はないが、投げてしまう。テーブルで寝て動かないのは思考が停止している状態。りんごが転がり、初めてそこにある小さな扉に気づく。新しく覗く世界は新鮮に見え、進んで行動を起こす(飴を食べる)。その結果、色を取り戻す。最後に今までいた場所を覗くと、そこには色を取り戻すのに食べたのと同じ飴があった。ただ、気づかないだけ。テーブル上の沢山の食べ物は人の欲を表し、欲を求め過ぎ慣れて来ると正常な判断が出来なくなる。その結果がテーブル上で食べ物を蹴散らし、踏みつける。これが気づかない事を表現していたと思います。これはあくまで僕の解釈です。
ケーキを踏むシーンは先に言ってますが違和感は感じましたがすぐに作り物だと思ったので、それほど強く否定的な考えは起きませんでした。しかし、人それぞれ受け止め方は違うのでそこは尊重します。この映像はあくまで表現方法です。この事とは別に僕は食べ物は大事にしたいと思っています。
失礼しました。

URL | monkage #-

2011/11/10 20:54 * 編集 *

みなさんコメントありがとうございます

>def74さん
こういったモノは、どれだけ人の心を動かすかが勝負なので、ある意味、監督の術中にハマったようです。Perfumeがしそうにないことをするという部分がココだったわけですね。でも、他の全ての行為が違和感の塊なんですよね。

>チョービギナーさん
表現というものはとても難しいものなんですよね。万人に受けるものだと抜きんでたものってつくり難いのですよね。ただ、この時期にこの表現は?っていうのが論点の中心なのかも知れません。

>massasueさん
張本人さん(^O^) 記事のコメント欄に記入しようと思ったのですが、こちらで記事にした方がイイかなぁ~って思っちゃったんです。
私はmassasueさんのその感性が大好きですよ。私もこれがPVじゃなくてバラエティ番組だったら怒鳴り込んだと思います(-。-;)

>P120548さん
幸せな物語だけでは表現できない世界に再チャレンジする決意表明なのかも知れません。だからこそ心が痛む部分もあります。ただ、そんななかでも彼女達は汚れることなく笑顔を振りまくできる存在なんですよね。
P120548さんの理解力は浅いとは思いません。いつも鋭い指摘や感想を書いていただいてありがとうございます。

>なおっちさん
悪行三昧という表現がイイですね(^O^)そうなんですよね。しかも、それぞれにPerfumeファンならにやりとさせるシーンが入っているんですよね。初っぱなの鳩とか、かしゆかとアイロンとか…これ以上書くのは野暮なので…観ればみるほどいろんな感想が持てるPVですね

>monkageさん
PerfumeLocksであ~ちゃんが踏んだということが判明しましたね。
新しく覗く世界は新鮮に見え っていう解釈は素敵です。飴があったのに気づかなかったっていう解釈もイイですね。素敵です。


コメントをくださった皆さん ありがとうございました 大好きです(^O^)



URL | セラミックおじさん #-

2011/11/11 14:02 * 編集 *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ceramicodisan.blog137.fc2.com/tb.php/1004-e14f7742
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

最新記事

最新コメント

検索フォーム

訪問者数

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック

RSSリンクの表示

QRコード