Perfume to 私 と BABYMETAL

PerfumeとBABYMETALのレフトなファンの戯言

09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11
 

これからです 

女性の魅力は25歳を越えてからである

確かに若い女性の魅力というのもある。
だが、こと芸の世界においては25歳でも幼いのだ(断言)。
三人のキャリアは、たかだか12年だ。四歳からはじめて16歳と、11歳から初めての23歳では大きく違う。彼女たちのキャリアは長いようで実は短いのだ。
確かに彼女たちのパフォーマンスは素敵だ。魅力的である。
だが、圧倒的な強さを持っているかというとそうではないと思う。
しなやかであり嫋やかであり、そして真摯な態度は好感を持てる。
でも、有無を言わせない強さを持ち合わせているとは言えないだろう。
圧倒的な強さとは。

例えば、今一番旬の話の巧いコメディアンが、仲間と一緒に飲みに行ったとしよう。
酒場のモニターに彼女たちの映像が流れる。ライブDVDだ。
一般人とは比較できない話好きな連中が、その映像に見とれてしまう。
気がつけばライブが終わる2時間半近く、彼らは会話もせずに見とれている…
こういうのを、圧倒的な強さというのだ。

例えば、日本のポップシーンを引っ張ってきた(J-POPではない)、本当に巧いミュージシャンが久々に夏の野外フェスに出演するとしよう。音楽的造詣の深さと、音楽に対する真摯な態度に誰もが彼を敬服している。その彼がパーフェクトといって良いほどのライブパフォーマンスを披露する。その彼のステージを観た後で、彼女たちがパフォーマンスを披露して観衆を納得させることができて初めて、圧倒的な強さといえる。

例えば、海外でライブを行う。いわゆる、世界進出といわれる活動だ。アジアで行うのであれば「アルバムは四作連続ウィークリー位である、日本の一流アーティスト」と宣伝するだけで中規模のホールは満員にできるだろう。プレス関係だけで1000人単位を動員できるだろうし、日本からのツアー客だけで満員にできるだろう。だが、そんなことをせずに、1000人規模のライブハウスからパフォーマンスだけで観客を魅了して、次のツアーでは彼女たちのライブを体感したファンによって口コミが爆発し、大規模ホールを超満員にしてしまうことができるのが、圧倒的な強さだ。
そこには、大手広告代理店の仕掛けなどが入り込む隙はないのだ。
大物プロデューサーというのは存在しない。
音楽面 ビジュアル面 演出面 それぞれが独立して楽曲を芸術に昇華していく。
気がつけば純粋に彼女たちの魅力に取り憑かれた、才気あふれる若いクリエーターが集ってくる。
それが、圧倒的強さだ。

それでも、その核となるパフォーマーが25歳未満であることは弱点だ。
リアルに恋をし失恋し、なんなら結婚して子供を産んで…社会の暗黒面を痛いほど味わって…それでも純真に音楽を表現できていたとしたら。そこで、はじめて圧倒的な強さを纏うことができたと思うのだ。

私は、彼女たちに早く30歳になってほしい。
人間的に成長した彼女たちは、今とは比べ物にならない、圧倒的な美しい存在になっているだろう。
関連記事
スポンサーサイト

カテゴリ: perfume

[edit]

Posted on 2012/09/19 Wed. 12:02    TB: 0    CM: 0

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ceramicodisan.blog137.fc2.com/tb.php/1265-d8dcff58
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

最新記事

最新コメント

検索フォーム

訪問者数

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック

RSSリンクの表示

QRコード