Perfume to 私 と BABYMETAL

PerfumeとBABYMETALのレフトなファンの戯言

09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11
 

東京漂流記 その2 ■パワーわんこさんの音響システムについての間奏(誤字ではない)■ 

今回 私はいくつかの目的を持ってPerfumeのいる場所(別名東京)を漂流したのだが…

5月30日あの歴史的なライブが行われるという場所で

 すでに開演時間が過ぎているというのに、私はダイバーシティのゼップダイバーの前に雨の中佇んでいた

■博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて香水を愛するようになったか■


電脳猫が持ち込んできた享楽的アナログ通信機器の人格破壊力の凄さについての記録映像をハンディカムで撮影した後、私はある人物を待ち受けていた

もしかしたら、私のことをMk-IIと間違われた方が大勢いたかもしれない

夜の雨のダイバーシティはサイバーな感じをさらに増していて

もしかしたら、フードコートの親父に「二杯で充分ですよ!」と言われていたのかもしれない

私の携帯型通信機器の液晶が連絡してきた人物についての情報を表示した

私は傘もささずに、雨で煙るなか巨大なシップ科学研究所に向かった…つもりだった…

だが…磁場が大きく狂っていたのだろう

軌道衛星からのパルスに影響があったのかもしれない

グローバルポジショニングシステムは大きく狂い、私は雨のなか方向を見失ってしまった

すぐ頭上を、無人運転によるBlack-headed gullが音もなく移動していた

私は音声通話という時代遅れの方法で、彼との連絡を試みた

アナログ音声は、この巨大な港では聞き取りづらかった

約束の場ではSIGNALが点灯していて

巨大なカーゴが行き交いしている

その隙間を極彩色の模様に彩られたTAXIが移動している

この広大な空間で、私は完全に自分の居場所を見失っていた

彼に会うことができるのだろうか…

そこへブルーの移動体が滑りこむように走ってきて停泊した

ハザードランプが私を導いてくれる…

【  えっと面倒くさいので、ここからは普通に書きます 】


----------------------------------------------------------------------------------------------------

つまり、30日にパワーわんこさんのカーオーディオシステムを堪能させていただくために

無理を言って、仕事帰りのパワーわんこさんにダイバーシティーにまでお出でいただいたのだ

■パワーわんこさんの音響システムについての間奏(誤字ではない)■

本編を読む↓
知らない人は知らないが知っている人は絶対に知っているという、パワーわんこさん

どんな方かという説明もいらないぐらい、音響に詳しく、電線病を患っている方である

その彼の、完璧な計算でつくられたカーオーディオシステムを堪能させていただいたのだ

ここまでの文章を読んで、私の語彙の貧困さにお気づきの方もたくさんいると思う

さらに、音を言葉でましてや文字で表現することは不可能なのである(ここまで読んでニヤリとされている方は合格です)

「何から聴きます?」という自信に満ち満ちたパワーわんこさんの誘い

この、滑走路の端 どれだけ大音量を出しても全然だいじょうぶな場所までの移動でも良い音が流れていたのだが

運転手席でベストな音が聴けるように設定してあるからということで、運転席に座らせていただいた

私を知っている人はわかると思うが(文章の書き方も、ちょっとパワーわんこさんに寄せているのがお気づきだろうか?)

シートに座る瞬間に、思わずアクセルを踏んでしまった

「シートを下げていいですよ。でも、そうするとベストポジションではないんですが…」

パワーわんこさんに云われる前にオレは、背もたれから体を離して前傾姿勢で

そう、先程までパワーわんこさんの頭があった位置を覚えていたので

ちょっと変な姿勢だが、ベストなポジションに頭を持っていった

「なにからいきますか? 実は、プリマボックスを聴いてみて欲しいです。」

はっきり言おう この段階で、オレはパワーわんこさんの意図がよくわかった

オレの自動車のヘボいオーディオシステムでも、プリマボックスを大音量で出力した時から

このプリマボックスやCOMPLETE BESTに対する評価は高評価なのだ

だが、パワーわんこさんが音量をMAXに上げた瞬間

オレの考えが如何に浅はかだったのかを思い知った

細かい音の配列や、エフェクトのかかりかた…

まるで、最新曲を聴いているようだった

もう、何度も何度も何度も何度も繰り返して聴いていた

スウィートドーナッツ

シークレットメッセージ

が、新曲のように聴こえるのだ

正確に書くと2013年の5月末に発売されたPerfumeの新曲だと云われても

誰もが納得してしまいそうな完成度なのだ

大げさだと思う人はそう思えばいい

自分の家の音響システムが最強だと思っていて、これらの曲の評価を下している人もいるだろうが

パワーわんこさんの音響システムだと、無茶苦茶かっこいいのだ

「これ、なんらかのイコライジングしているんですか?」

「フラットに設定したらこの凄さに気がついたんだ。」そう彼は答えた

「Perfumeの音楽は、完成された状態で出荷されている。それを如何に忠実に再生してやるかによって凄さがわかる」

というようなことを彼は言った

「この設定でクラッシックやジャズを聴いたら、ほんと気持ちいいですよ。」

そう言ってくれたので、サックス?のライブ音源を聴かせてもらったら

掠れた音や響きがものすごく鮮明でいて、しかもすぐ目の前にステージがあって、オレは酒を呑みながら目を閉じて聴き入っているようなのだ

飛行機が着陸する音や、近くの工場の音がかすかに聞こえるのが残念だ

「きゃろらいんちゃろんぷろっぷきゃりーぱみゅぱみゅの(ホントはきゃりーのって言ったんだけど)にんじゃりばんばんをかけてもらいませんか?」

「え?インベーダーインベーダーの方が良くないですか?」

オレは自分のわがままを通させていただいた

ここは、おもいっきり甘えさせてもらうほうが礼儀としては正しいだろう

そして、『にんじゃりばんばん』が終わったら間髪入れずに『Handy Man』を再生してもらった

やはり

中田ヤスタカという男はスゲー

きゃろらいんちゃろんぷろっぷきゃりーぱみゅぱみゅの楽曲における彼女の声の配置と、Perfume3人の配置とは全く違うのが明確に聴き取れてしまったのだ

先ほどのプリマボックスやCOMPLETE BESTの楽曲はどーもね って言っている人は

パワーわんこさんのシステムで(別に彼は音を操作しているのではなく、忠実に再生できる環境を求めているのだ)聴いてから同じ台詞を吐くことができるだろうか

それまでの自分の意見の恥ずかしさに、臍をかんでお茶を沸かしてしまうだろう

例えば、Auto-Tuneのかけ方にしても随所に工夫が施されている

いや、工夫ではないな。 

三人の声が、あるいはPerfumeである武器を、最大限に活かすように様々なアプローチをしているのだ

そして、『エレベータ』でとどめを刺された

オレが普段、聴いていたのは

 (…凄く無理して3万円以上するヘッドフォンを購入したが…)

カニカマである 


しかし、Perfumeの音楽はオホーツクの豊穣な栄養で育った天然物の蟹だ

露天商のあんちゃんが一杯5000円で売りつけている擬物ではない

高級料亭のために吟味に吟味を尽くした、何の味付けも必要ない天然の蟹なのだ

カニの味がするのではなく蟹なのだ

(例えが下手で申し訳ない)


とにかく、なぜ中田ヤスタカがマスタリングまで自分でやっているのか? その意味がよくわかった

いや、突きつけられた感じだ

確かに、普通のスピーカー いや携帯電話のスピーカーに対応していなくて何がポップスだ!

って言われる方がいるだろう

だが、中田ヤスタカ氏はポップス宣言をしているのだろうか?

それどころか、自分の音楽をテクノだと宣言していないはずだ

パワーわんこさんは「『ジェニーはご機嫌ななめ』を聴いてみてください」と不敵な笑いを漏らした

再生された瞬間

『ジェニーはご機嫌ななめ』が中田ヤスタカ氏によってアレンジされて録音されてよかった!と思えた

中田ヤスタカがPerfumeの音楽を受け持っている

この状況は、MIKIKO先生がPerfumeを受け持っているのと同じなのだ

「中田ヤスタカ氏以外のプロデューサーを…」

っていう人は「MIKIKO先生以外が演出を …振付を…」っていうのだろうか?

とにかく

まだまだ書ける

というか、いろんなことをパワーわんこさんと話をした

それが…偶然にも…前日、Perfumeフェスで斉藤和義とPerfumeの音楽に身を委ねた後だったのだ

音楽ってね

音楽っていう芸術は

一過性のものなのよ

だからこそ輝くんですよ

Perfumeにずーっと活動を続けて貰いたいから、誰か他のプロデューサーを

売り方を変えよう  とか

 ライブハウスなんかでやっている場合ではない とか

もっとテレビにでろ とか

あんね…

Perfumeは 音楽が好きだから

ただこの人達の音楽が好きだから 一緒にフェスをやろう!ってやる連中です

大きな会場にしたりせず、ライブハウスでやろう

と、自分たちで動いたんですよ

事務所からいわせれば、もっとCMにバンバン出して、適当な演出で

話題作りで人を集めて

そういう音楽以外のことでやっていったほうが儲かるんですよ

だけど

3人は スタッフは  「よい音楽を伝えたい」その一点を軸に活動しているんですよ!


(やべぇ、熱くなりすぎた!)




GAMEというアルバム  ⊿というアルバム のシークレットメッセージについて

なにを基準においているのだろうか…などなどなど…

パワーわんこさんと熱く熱く語り合いました

すごく幸せでした

あのシステムで彼女たちの曲を聴くことができて

私が想い考えていたことは、あながち妄想ではないという自信をもつことが出来ました

まだまだ書き足りない

いや

またすぐにでもあのシステムで彼女たちの音楽を聴きたいと思う

それでも、人間って不思議なもので、一度すごい体験をすると

ちゃんと脳内で補完するんですよ

iPhoneの非圧縮の音源 イヤフォンでも 

今までと違ったふうに聴こえています

あのシステムを体験した人たちなら、私の言っている意味がわかると思います

あーーー あんなことやそんなことを 書きたい!

でも、このへんで…


パワーわんこさん  今度、どっかのジャズクラブでライブでも聴きながら呑み語りあかしましょうよ
 

【  追記 】
結局、まだまだ時代が追いついていないんですよ

数年経ってから評価されるでいいじゃなか

CDが売れなくったって すげーものをつくっている! だからいいじゃん

活動を続けるためにポリシーを変えたら…

そんなのPerfumeじゃないよ

Perfumeは挑戦し続け 時代の最先端を 茨の道を

一歩ずつ確実に進んでいるんだもの

彼女たちが切り拓いた道  数年後に、感謝するミュージシャンがいっぱいいると思うよ
関連記事
スポンサーサイト

カテゴリ: perfume

[edit]

Posted on 2013/05/31 Fri. 18:56    TB: 0    CM: 3

この記事に対するコメント

もう "北の国" へお帰りなのでしょうか

お疲れさまです。かなりの充実レポありがとうございます(笑顔)。

でも、寝てないんじゃないですか?(笑) 私のオーダーは後回しでも良かったんです。でも、セラミックおじさんさんらしいレポートを読みたかったので、なんか嬉しいです(笑顔)。



>ちゃんと脳内で補完するんですよ
iPhoneの非圧縮の音源 イヤフォンでも 
今までと違ったふうに聴こえています



ああ・・・ 全く仰るとおりでして。「オーディオ・オフ会」を主催している私の狙いはそこにあったりするんですね(笑顔)。



さて音楽って "嗜好性が高いので、好みは人それぞれ" と言われることとも多いのですが、私はどうしてもそのようには考えられないんですね。

私は "好みでなくても説得力を持った音楽" 、 "好みでなくても納得できる音楽" というのが存在することを信じて疑いません。私は中田さんが生み出した楽曲達には、すべて圧倒的な説得力を感じるんです。個人的な好き嫌いは別にして。

たかが自分の嗜好性を "音楽の質の善し悪し" だと誤解している方々の意見には、私は興味がありません(苦笑)。


そのような中でセラミックおじさんさんと語り合った時間は、非常に有意義で自分の中でも貴重な財産になったと思います。


あとLive直後だったので、そのPA音響と私のシステムとの比較分析と感想をお聞きしたかった気もしますが・・・ またお手すきの際にでも、ぜひ。

では、いつか "ジャズクラブ" で(笑顔)。

URL | パワーわんこ #2NU31nKA

2013/06/01 01:01 * 編集 *

音楽は数学でもあり言語でもある…

私は誤字脱字を気にしないでブログを書いているので、全く説得力がないのですが

音楽というものは、クラトゥパトリシア・ニールが人類の可能性を見出し、人類救済に心が動いたように、素晴らしい数式でもあると思います

数式というと誤解が生じるので、数学としましょう。

宇宙の深遠なる真理と繋がっているんです (あ! へんな宗教の話ではありませんよ)

Bachが創りだした平均律だけでは、自然界を上手く表現できない部分があります

(ですから、へんな宗教勧誘ではないですよ〜)

ただ訓練のためだけの数式練習問題というものが、まったく美しくないのと反対に

美しい数式は芸術でもあるのです

フェルマーの最終定理が1995年アンドリュー・ワイルズによって証明されましたが、その内容を真に理解することは、数学者でも、この分野の専門家であっても難しいと言われています。がしかし、その物語は感動的で、現代数学の世界に誘ってくれます

私は音楽家ではないのですが、美しい数式というものが存在し、それは美しければ美しいほど宇宙の真理に近いのではないかと思っています

同じように美しい音楽(あるいは挑戦的な音楽)というのが存在すると思っています

これらを、嗜好性というものだけで評価を下されてはたまったものではありません

まして、売上という経済学的なアプローチで評価されるものでもありません

な〜んて話しを いつかジャズクラブで語り合いましょうよ 

(変な宗教の話ではないですからね〜)

 ね、パワーわんこさん 一緒に呑みましょう(笑

URL | セラミックおじさん #-

2013/06/01 01:30 * 編集 *

素晴らしい例えです

そういえば位相幾何学の分野で『ポアンカレ予想(ペレルマン・2002年に解決)』というのもありましたね。位相幾何学なので応用すれば音響に関連した諸問題や予測にも使えるんでしょう。


ちなみに音響は "嗜好性が高いので、その好みは人それぞれ" と言われることとも多く、また "ジャンルや好みにあわせて機器を選択肢したり、セッティングすべき" と言われることも多いです。ただし再生伝達音響に限って考えると、私はどうしてもそのようには考えられないんですね。

私は "好みでなくても説得力を持った響き" 、 "好みでなくても納得できる響き" というのが存在することを信じて疑いません。そのようなことをPerfumeの音楽に出会って、中田さんの音楽に出会って初めてというか、ようやく思い知らされました(笑)。


そういう人間共通の生理学的部分に共鳴する要素が音楽にも音響にもあると思っています。それがセラミックおじさんさんが仰っている「宇宙の真理」ってものでしょうね。


私の目指している音響はまだまだ道半ばですが、そういうものを目指しています。

これからも精進しますので、機会があればまた試聴していただけると嬉しいです(笑顔)。では。

URL | パワーわんこ #GCA3nAmE

2013/06/01 09:57 * 編集 *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ceramicodisan.blog137.fc2.com/tb.php/1493-96687d2e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

最新記事

最新コメント

検索フォーム

訪問者数

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック

RSSリンクの表示

QRコード