Perfume to 私 と BABYMETAL

PerfumeとBABYMETALのレフトなファンの戯言

07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09
 

音楽大学院生によるPerfume(中田ヤスタカ作曲法の進化)に関する考察文 

ちょっと長いですが、読んでみてください


Perfumeの楽曲における中田ヤスタカの作曲法についての考察(超てきとー)
-------------------------------------------------------------------------------------

     
まずは和声の動きについてから診てみよう(^_^)

 Es-dur(変ホ長調)でのテクノ的な楽曲(コンピューターシティ、エレクトロ・ワールド、ポリリズムなど)に代表される初期の作品は、和声的に言えばIVとVIを両側に持った4つの和声の動きをワンフレーズとした、繰り返しとなっていることが多い。

 その後も「曲冒頭やフレーズの始まりは主調のIVから」というのは中田ヤスタカの定型となっているように思える
(ざっと聴いただけで、コンピュ、エレワ、ポリ、ドリフぁ、ねえ、スパイス、グリッタ、だいじょば、スプリングなど)。
 
しかし、スパイスのやグリッターの序奏部からは調性や和声といったものは感じられなくなり、それを皮切りに、次第にミニマル的なベースの繰り返しによる音の重ね方が強く聞かれるようになる。

その後、IV・O・O・VIという動きはIV・V・Viの3つに収束していく動きを見せる。スプリングやだいじょばないでは、主和音が全くと言っていいほど現れないので、主調をつかみにくい。

     といっても、ここまでのそれぞれの和声は基本的に三和音のみである。

大きな変化が現れるのは、アルバムLEVEL∃からである。

1mmの曲の展開をみてみると、最初はes-moll主和音が聞かれるが、その上声部にdesが加わり、Iの7となる。
さらに低声にhが加わると属9のような響きが生まれ、曲は専らその響きの中で進むことになり、もはや和声的な力学が存在しなくなっている。

パーティーメーカーもまた同じような手法が用いられており、desを根音とする三和音は次第に上下に音を重ねていき、IVの7、IIの11といった極端な拡大和音にまで至る。enter スフィアでは、Iの9が保続され、和声的な動きが消されている。
 ドリームランドでは、IV→I→VIという形を復活させているが、その和音はやはりIVの9、Iの9と拡大されている。

 では、このLEVEL∃において突如として拡大和音を多用し、ミニマル的な方向性に加え、和声的に飽和させたのは、なんなのだろうか。

一つ考えられるのは、このアルバムの楽曲全体を包む幻想的、神秘的、象徴的とも言える雰囲気を作るためであろう。
拡大された和声は、和声的力学を曖昧にすると同時に、聴くものを陶酔させ、忘我の境地へと誘う効果がある。LEVEL∃が人間の心理の最下層をしめすとすれば、まさに夢や無意識を呼び覚ます楽曲構成と言えよう。

 クラシック音楽における和声の拡大と飽和は、ちょうど19世紀末から20世紀初頭の後期ロマン派の音楽で行われた。
それは、ロマン派という一本の源流が、印象派(ドビュッシー)、表現主義(シェーンベルク)、象徴主義(スクリャービン)といった支流に分岐するちょうどその時期である。

印象派のドビュッシーが自然と人間の境界を(Handy Man SleepingBeauty などエスニックな旋法によって調性・コードをぬけているから異国情緒を感じさせる)、表現主義のシェーンベルクが理性と無意識を、スクリャービンが人間と神の境界を溶かすために拡大和音を用いたのなら、Perfumeは現実と夢、もしくはPerfumeとファンの境界を溶かすのかもしれない。

3者は主和音を避けて、拡大された和声を用い、次第にのちにその限界をむかえて無調音楽を書くようになった。
 中田ヤスタカが、クラシック音楽の歴史を踏襲しているとすれば、次に向かうは3者のような無調音楽か。
はたまた拡大和音からとおざかり、プロコフィエフのような新古典主義となって、明瞭でメカニックな、テクノらしさに回帰するか。
見ものである。
(深夜02:24テンションの駄文)

-------------------------------------------------------------------------------------
まったく、なんのこっちゃわからん父親(私)に簡単に説明してもらった

コード進行重視の作曲は初期からJPNまで続く

それを昇華させて完成形に近いのが なんとレーザービーム と 微かなカオリ  なのだそうだのだ

そしてスパイス GLITTERで劇的変化を見せ始めた そうだ 同じアルバム内で変化が手に取るようにわかるそうだのだそうだ
(もしかしたら私の理解力が低いのかもしれないが、そんな感じのことを数字で説明してくれた)

ベースラインの動きによるミニマルな重なり テンションコードを巧みに用いているそうなのだそうだ

そして我らがLEVEL∃では和声は希薄になりながらも拡大和声による音の重なりを重視しているようなのだそうだ

これはコード進行重視の復活のように思えるが、明らかに劇的な変化を観せており

進化ではなく深化を感じさせるそうなのだ


さて、理解できたでしょうか? 私は父親の尊厳を保つため、さも解ったような振りで返事をしたが…

とにかく、彼はPerfumeについてはほとんど知識がない

(そうは言っても父親に付き合ってJPN幻の千秋楽真駒内に参加してくれた)

テレビでPerfumeが出た時の、父親のデレデレ顔をツンって感じで見下しながら(当者比)

彼は時折、「ん?面白いアプローチしているね」という言葉を残してくれる程度なのだ

そんな彼に、LEVEL∃を分析してみて? くださいませんか?おねえげえでございますだぁ〜と言ったのだ

そうすると、彼はコンプリート・ベストからLEVEL∃までを聴いてこの考察を書いてくださったのだ(^_^)

どうでしょうか?

音楽に造詣の深い方 作曲を勉強しておられる方 

彼の勉強のために、間違い あるいは勘違いを指摘してくださらないだろうか?

最後に

彼はこういった

PartyMakerはPerfumeとファンの同化ではなく「自己と他者の融合」を音楽的に表現しているように感じる  と

PartyMakerは歌詞とリズムと旋律とコードで、凄い世界(これまでのすべての楽曲の素晴らしい要素が入っていてトランス状態を構成している)を表現させている のだ   そうだ
関連記事
スポンサーサイト

カテゴリ: perfume

[edit]

Posted on 2014/01/22 Wed. 10:02    TB: 0    CM: 9

この記事に対するコメント

もはや理解の限界を大きく超えるご高説ですが(^_^;、聴く者を惹きつける隠し味がタップリ含まれているんだなということは判りました。

ここは一つ次回Ustで息子さんにも登場いただき、今放送中の坂本教授の番組のように、「ここの部分はこうこう」と曲をピックアップしつつの解説をお願いしたい次第(^_^)

URL | どっと屋M #BY3BPUS.

2014/01/22 19:33 * 編集 *

どっと屋M さんコメントありがとうございます

なにやら小難しい理論ですが、非常に細かく分析することができるほど奥が深く「哲学」を感じるそうです

彼が言うには、クラシック音楽の進化と同じような道を辿っているのが不思議であり魅力的であるそうです

物凄くクラシックの素養があるか、そうでなければ天才的な感性を持っていると思われるそうです

そうです ばかりなのは親子の断絶があるからではありません

彼の話の内容が難しすぎて、私には理解できないからです(T_T)

URL | セラミックおじさん #-

2014/01/22 21:07 * 編集 *

chiyoさん その気持ちわかります(^_^)

ま 思いっきり要約すると

 とにかく音楽的に むちゃくちゃかっけー! のだそうです(^_^)

中元すず香さん いいシンガーに育って欲しいものです

彼女はMIKIKO先生の愛弟子でありPerfumeの3人を尊敬しているので

間違いなく本物になると思いますよ(^_^)

URL | セラミックおじさん #-

2014/01/22 21:10 * 編集 *

ふぁあおおおお....

まるでドーム公演でのあ~ちゃんのように不可解なタメ息を発してしまった私。
い~なあ、私とにかく譜面すら読めないニンゲンなんで、音楽を構造的に
理解できる人をホントに尊敬しちょります。
「視えてる、っていいなあ」と。

ゲージツ作品を楽しむのにロジックは要らない、という主張も判るのですが、
よりその味わいを深めようとするならば、セラミックJr.師の解析とか
ホント素晴らしいんだろうな、と。←だろうな、としか言えない悲しさ(笑)。
でも前々から中田サンの創りあげる音楽はとても「構築的」で拡がりを
感じる音楽だな、とは感じてました。
「ポリリズム」なんか、ポリフォニックというよりかは「シンフォニック」
なんじゃあないか、とか。

私たちの胸を焦がし続けているあの問題作、「LEVELヨ」では確かにそれまでの
アルバムと違うフェーズに達したんじゃないか、と感じてはいました。
いわくPerfumeからcapsule的な志向への転換、のような。
↑だから曖昧なんですよねえ。

んー。それをこんなにロジカルに著わしてくださったのに、リアルに共感する
ことが出来ない。悲しい....。
どっと屋Mさんもおっしゃっていましたが、ここはひとつEテレばりに
「セラミックおじさん 北からの学校 電子音楽編」をぜひ講師に
Jr.師にご登壇いただき、解説いだだけるとありがたいのですが。
あ。音源のモンダイがあるなら、そちらでセミナーを開催していただくとか。
私、人生初の北海道を堪能したい、と思います!

URL | チョービギナー #h7JsBsjs

2014/01/22 21:51 * 編集 *

父上様と同じく

理解の限度を超えています(汗)

で、ほぼ理解不能の説明の中で
かなり興味深かったのは一番最後。
クラシックを勉強している音楽大学院生が「歌詞」に言及しているところ。

「歌詞」はリズムとインパクトを作りますからね。
音符の一部と言ってもいいぐらい重要な音楽的要素だと思っています。
大学院にもなると、(ほぼ歌詞のない)クラシックすら通り越してそういうところまで理論的に勉強されているのか、それともご子息様の感性なのか。おもしろいなぁ。

ま、ついていけそうなのはそこまでですけど(笑)

でも僕がPerfumeにはまっている(のを自分でも説明できない)のは、
「音楽的にかなりおもしろいことをやっている(のを直感で聴いている)から」
だというのは、とてもよく分かりました。

URL | Coo #-

2014/01/23 08:21 * 編集 *

面白いですね。
私も音楽的素養ばないんですが、変化は同意します。
楽曲の変化に合わせてダンスも変わってきています。
MIKIKOさんは楽曲を視覚可するために努力されているので、
スパイスのように単純なシンクロではなく3人がディレイしながら、ある一瞬でシンクロし次の展開を行うように振りに変わっているように思います。

息子さんにCAPSULEの楽曲を聴いてもらってPerfumeとの楽曲との関連を考察してもらえればと思います。

息子さんもPerfumeに興味がなければ、ここまで楽曲を聴いてくれないと思います。うらやましい!

URL | ノッチ森永 #-

2014/01/23 12:26 * 編集 *

チョービギナーさんコメントありがとうございます

ホントは、分析なんてガラではないのですが… セラミックな意図 でリクエストがあったものですから

息子に頼んでみました

専門家の言い回しなので解りにくいと思いますが(私を筆頭に)

彼なりにやさしく詳しく解説したつもりだそうです



ロジカルに考えなくったって LEVEL∃が物凄いものであることは直感でわかりますよね

ただ、売れるかどうかは違う問題ですよね^^;

次回、北海道でワンマンライブがあったら家内と息子と3人で参加することになるようです(^_^)

URL | セラミックおじさん #-

2014/01/23 17:02 * 編集 *

Coo さん 私もその部分に驚きました

去年の年末にはバイトで第九合唱を3つの違うオーケストラで三回体験した彼です

父親に似ず、分析と理論立てが大好物な彼はベートーヴェンの歓喜の歌の歌詞を原語と英語の翻訳を自分なりにして世界観を考えているくらいなので、PartyMakerの歌詞は、とても興味深かったらしいです

さて、私も彼の話しているのが日本語なのかどうかさえも判別つかない時があります

この文章は、ほぼ3時間位の分析ですが、冷静(Mr.スポックみたいな奴です)な彼の冷徹な分析結果なので、ある意味、真実に迫っていると思います

URL | セラミックおじさん #-

2014/01/23 17:08 * 編集 *

ノッチ森永 さん コメントありがとうございます

面白いことに、capsuleに対してはPerfumeほど興味を持っていません

この後、時間があれば リズムについて 演出について をクラッシックの視点で分析したいと行っております

「いやぁ〜なんであんなに大げさに踊っているのか、ライブを観てやっと理解できた。」

真駒内アイスアリーナでほぼ最後尾の席で、遠くのステージを観て発した彼の言葉です(^_^)

URL | セラミックおじさん #-

2014/01/23 17:11 * 編集 *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ceramicodisan.blog137.fc2.com/tb.php/1795-b209d014
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

最新記事

最新コメント

検索フォーム

訪問者数

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック

RSSリンクの表示

QRコード