Perfume to 私 と BABYMETAL

PerfumeとBABYMETALのレフトなファンの戯言

07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09
 

201X年 広島アクターズスクール にて… (妄想) 

【 妄想記事DEATH! 】

BABYMETALは欧州武者修行の旅が終わった後、12月20日東京ドームでのファーストラストLIVEでその幕を下ろした

2ndLASTアルバムは全世界で驚異的な売れ行きを叩きだした

解散を惜しむ声が世界中に広まっていた…


水野由結(YUIMETAL)と菊地最愛(MOAMETAL)はさくら学院の生徒会長・副会長として活躍

パステルカラーの衣装を着て二人組として出した可憐Girl'sのカバー曲は大ヒットした

その年の紅白では異例の録画という形で、世界的伝説となったBABYMETALの映像が流された

(後にこの演出は「残像のBABYMETAL」と呼ばれるようになる)

ただ、これからの中元すず香の今後の活動については何も発表されていなかった

翌年

関係各所にメールが届いた

「広島アクターズスクール 15週年記念行事のお知らせ」

業界は騒然となった

主催はPerfumeの三人だった

協賛はAMUSE

出演者は広島アクターズスクール出身者全員

一週間にわたって広島・上野学園ホール(旧郵便貯金ホール)を中心に広島各所で行われる音楽フェスである

Perfumeファンからは「そんなことやっている場合か!」との声が上がった

だが…

出演者の中に中元すず香の名前があったのだ

全世界から問合せが殺到した

広島の宿泊施設はどこもかしこも開催期間中は予約で満室になった

後のインタビューで中元すず香はこう言う

中元「尊敬するPerfumeさんが東京ドームを終えた後にフラワーフェスティバルに出たじゃないですか。私も何かしたいと思って相談したんです。」

インタビュアー「え?Perfumeの三人にですか?」

中元「はい。勇気を出して相談させてもらったんです。するとあ〜ちゃんさんが今回のイベントに出ないかって誘ってくださったんです。というか…。」

イン「ん?どうしたんですか?」

中元「(ポロポロと涙を流しながら笑顔で)Perfumeさん。このイベントは私のためにも主催したって言ってくださったんです。」



Perfumeの三人はイベント期間中、全てのステージに参加していた


西脇彩華・中元すず香・Perfume・による9nineのCOVERパフォーマンス「うちら、5人で9nineじゃけぇ」で幕を切ったイベント

中元日芽香・すず香によるザ・ピーナッツのカバーでは、のっちがモスラの幼虫の被り物で演出を助けていたり

アクターズスクール広島出身のアーティスト全員がPerfumeの全楽曲をシャッフルユニットで披露したり

各アーティストのオリジナル曲をサポートしながらパフォーマンスしたり

昼には違う会場でMIKIKO先生の公開レッスンがあったり…

どこにPerfumeや中元すず香などが参加するかわからないので、どの会場も超満員になり盛り上がっていた

そして最終日 

Perfumeのステージ アンコール曲は、のっちと中元日芽香・すず香によるポリリズムだった

そして次の曲…ユニットのメンバーが変わった

イントロは…スーパージェットシューズだった

あ〜ちゃん かしゆか の隣には… かわゆか がいた


♫ 15年前 希望の旗をひるがえし

力強く飛び込んだ

現実は けっこうしんどい

満員電車で ふんずけられて

スーパージェットシューズ OH YEAH !

突然の 夕立ちで ドロだらけ

スーパージェットシューズ OH YEAH !

もし 予定と違って 地味な未来でも

君を恨んだりは しないから…



曲が終わってのっちが舞台に出てきて、かわゆかとハイタッチする

かわゆかは満面の笑顔で舞台をのっちに譲って上手にはけていく…


そしてエンディング 

中元すず香が舞台の中央に立っている

「先輩たちの活動をみて…私は原点を確認しました。やっぱり歌は私の人生です。」

「Perfumeさんの三人は…こんなふうに言ってくださいました。世界のファンに会いに行くことも大切じゃけど…」

「何のために音楽をやっているのか忘れちゃいけん。…って」

「初めてスクールの門を叩いた日のことを忘れちゃいけん。…って」

「私のおねえちゃんの現在の契約が切れるまで、活動は停止してレッスンに励みます。そして…」

「二人でユニットTweenを組んで世界に再挑戦します。私とおねえちゃんの好きなスタイルで。」

「おかあさんに喜んでもらいたい…それが…私の歌の原点だから…」

その頃にはMETALとしての注目よりも、中元すず香のパフォーマンス・その人間性に惚れ込んでいた全世界のファンはその発表に納得し歓迎した

アクターズスクール広島15週年記念行事は大成功で幕を下ろした

そのイベントのタイトルは

「こってりラーメンへの恩返し」 だった(^_^)

関連記事
スポンサーサイト

カテゴリ: perfume

[edit]

Posted on 2014/03/08 Sat. 09:49    TB: 0    CM: 0

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ceramicodisan.blog137.fc2.com/tb.php/1847-01266fb1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

最新記事

最新コメント

検索フォーム

訪問者数

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック

RSSリンクの表示

QRコード