Perfume to 私 と BABYMETAL

PerfumeとBABYMETALのレフトなファンの戯言

09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11
 

「PerfumeとBABYMETAL」とそれ以外について考えてみた 

あんまり分析みたいな記事は書かないことにしているのですが…

今回は許してちょんまげぷりん

Perfumeの前にもテクノポップを 

BABYMETALの前にもヘビーメタルを楽曲の基盤においたユニットはあった

なぜそれらがブレイクを果たせずに、PerfumeとBABYMETALがブレイクできたのだろうか

Perfumeがブレイクした直後にフォロワーが続出したがメジャーには至らなかった

BABYMETALがブレイクした後、またぞろ某団体が真似をしている^^;

BABYMETALの前からヘビーメタルスタイルだったユニット(特にアイドル路線に寄せていた)は

自分たちとどこが違うのだろう?と思っているかもしれない

楽曲の良し悪しというのは、好き嫌いの部分が大きいので語らない

語りたいのは「見せる 魅せる」部分が大きいかどうかだと思ったのだ

つまりMIKIKO先生の振付と、ライブでの演出です

PVについてはPerfumeもBABYMETALも突出しているようには見えない

だが、凄いキャッチーな部分があるんです

Perfumeで言うとチョコレイト・ディスコのレーザー演出であったり

エレクトロ・ワールドのクオリティの高さだ

BABYMETALでは、SU-METAの一瞬の黒目の画像処理であったりPVではないが

ライブ映像での三人がぶっ倒れるところ

Headbangeeeeerrrrr!!!!!でのYUIとMOAの\(^o^)/ジャンプだったりする

ま つまりはMIKIKO先生 あるいはMIKIKOMETALの存在である

そして、BABYMETALの場合Perfumeと違って先駆のバンドやユニット(特に声優さん)は山ほどいる

ここで違いが出たのはKOBAMETALが純粋にMETALキッズだったことかもしれない

「あの有名なPVな感じで…」というような姿勢ではなくて

「ここは◯◯へのオマージュ、ここは××へのオマージュ、ここは△△のパロディ…」と愛にあふれているのだ

やはりそれもこれもMIKIKO先生やMETALMETALの存在が大きい

なにより

テクノに一石を投じる とかメタルをリスペクトして  ではなく

Perfume BABYMETAL というONLY ONEの存在を目指していること

もはやPerfumeはテクノではないし

BABYMETALなんかHeavy Metalではないのだ

だから楽曲に関しても「自由」なのだ

そして  一番大きいと思うのが

三人の仲の良さです

Perfumeはもちろん幼なじみと言っていいし

BABYMETALもさくら学院(Perfume3人の出会いと東京に出る頃の年代)を過ごしている

BABYMETALはSU-METALだけ2歳お姉さんなのだが

精神年齢はMOAとYUIと一緒なのだ(^_^)

そして、PerfumeもBABYMETALも自分たちがカテゴライズされてしまうジャンルに無頓着なのだ

どっぷりテクノやメタルに嵌っているメンバーではないから

他の視点から自分たちを面白がることが出来る

これは強いと思うのだ


さらにメンバーの中に、アイドルをすごく好きなのが一人いる

これによってアイドル的な仕事も高レベルでクリアできる

特に、あ〜ちゃんと最愛のトークスキルは高い

これらメディアへの対応も好感を持たれるのだ

とりあえず 今日はここまで(^_^)
関連記事
スポンサーサイト

カテゴリ: perfume

[edit]

Posted on 2014/03/10 Mon. 06:59    TB: 0    CM: 1

この記事に対するコメント

>>ここで違いが出たのはKOBAMETALが純粋にMETALキッズだったことかもしれない

>>もはやPerfumeはテクノではないし
>>BABYMETALなんかHeavy Metalではないのだ
>>だから楽曲に関しても「自由」なのだ

仰るとおりキモはここだと思います。

Perfumeにおいては
「自分が聞きたい曲しか作りたくないプロデューサー・ヤスタカ」
に丸投げする懐の深さ(?)を持ったマネージャー陣

BABYMETALにおいては
メタルファンに”こんなのメタルじゃねぇ!”と言われる事を覚悟しつつリリース順を決め、アイドル曲-ガチメタルのパターンを崩さないKOBA-METAL
ともに優秀なプロデューサーがいた上で・・・

コレオグラファーのMIKIKO先生の振り付けと、先生に対する3人(×2)の信頼。
成功例は本質において何も変わらないの証明のごとき両ユニットDEATH!

URL | スー #hsdP.8Jg

2014/03/10 22:53 * 編集 *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ceramicodisan.blog137.fc2.com/tb.php/1850-3249bfe3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

最新記事

最新コメント

検索フォーム

訪問者数

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック

RSSリンクの表示

QRコード