Perfume to 私 と BABYMETAL

PerfumeとBABYMETALのレフトなファンの戯言

07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09
 

あの日 あの頃 に書いた記事を再掲しようと思う 

 これだけの大惨事 

見る側の私たちはもちろん

マスコミも様々なことを考えなきゃいけない

マス コミュニケーションの特徴を理解していて欲しい

 私の興味関心(この表現だと心情に適していないのだが)に、いちばんピッタリだったのが

テレビ東京の報道だった。

情報の比較をしたくてザッピングをしたが…結局一番長く見ていたのは

NHKとテレビ東京系列(北海道ではTVH)の報道番組だった。

特別番組体制を一番初めに解いたのもテレビ東京だった。

それに対する批判が出るかもしれないが、

朝のおはスタで、子供たちにわかるように節電について話していた。


なによりテレビ東京は原発事故についての報道がよかった。

扇動的にならないように注意しながら、視聴者が一番心配している部分を解説していた。

政府に対する批判や感情的なコメントはなかったように思う(私が見ていた限りではですが)。

被災地の方と電話でやりとりするのも、どうかなぁ?と思っていたのだけど…

今となっては、それも必要だったのかもしれない。



被災地の方々で、避難場所で配給される食事が一日一人当たり「おにぎり一個とドーナツ半分」だった。

母親が、子供の為に自分は食べるのを我慢してそれをとっておいた。

  たしかに、身内を亡くして涙を流している人の映像も必要だろうが、こういった映像を報道することが大切だと思う。




もし、報道ヘリがあるなら…

情報収集と情報発信のプロだったら…

巨大なメディアを持つなら…

各避難所に局員が発電機とPCと簡易パラボラアンテナを持ち込んで

TV局が共同で被災地情報ネットワークを作ってはどうだろう?

即時報道のための取材をするのではなく、

被災地のリストと被災者の名簿を作成したり

現地の救助隊への情報提供などなど

情報のプロとして、各局で協力し合いながら

全面的に被災者の救助への活動をする

そのために、1~2局は番組放送は休止してもいい。

それくらいのことをしなきゃいけない災害の規模ではないでしょうか?

もちろん、避難民の方々に情報を提供するためにTVを持ち込むべきだ。




他の局の番組(映像)を見ていないのだろうか?

他局で建屋の爆発映像が30分以上も前に放映されているのに

「建屋は破壊されていないのでしょうか?」とキャスターが言っていたりする

今回のような大災害では映像の共有化をすべきだと思うのだが



国民どころか世界中が一番欲しい情報…

なぜ、原子力発電所に報道取材班が入らないのだろう?

現場で作業員たちが頑張って作業している様子を報道する必要はない
(作業のジャマになるからね)

最新の情報を、専門家と共にリアルタイムで提供し続けるために…

もし、電力会社や政府が拒んでいるとしたら、それは問題だ

だけど、TV局が危険を理由に行かないのなら

ジャーナリストの名を返上すべきだ




もしリーダーが無能だったとしても

それを批判している暇はない

批判は全てが終わってからでいい

今は協力しあい 一丸となって行動する時だ

リーダーを助けながら、全員で行動するときだ

報道は事実のみを放送すればいい


以上のことが無理でも

寄付を集めるために 娯楽番組をつくることならできるだろう

日本全国に寄付を呼びかける番組を放送すればいい

なんなら、ミュージシャンのDVDを流すだけでいい
(きっと多くの事務所はそれを許可するだろう)

そしてテロップで寄付先を流せばいい

それくらいのことをしなきゃいけないと思う



と いろいろ勝手なことを書いてしまった

なによりも 被災者の方々が少しでも早く、寒さと飢えから解放されることを祈ります。







関連記事
スポンサーサイト

カテゴリ: 未分類

[edit]

Posted on 2014/03/11 Tue. 10:57    TB: 0    CM: 0

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ceramicodisan.blog137.fc2.com/tb.php/1853-958e5c7b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

最新記事

最新コメント

検索フォーム

訪問者数

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック

RSSリンクの表示

QRコード